コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバヒー(虱目魚) サバヒー milkfish

1件 の用語解説(サバヒー(虱目魚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サバヒー【サバヒー(虱目魚) milkfish】

ネズミギス目サバヒー科の海産魚。太平洋インド洋などの熱帯地方に分布するが,稚魚が日本の奄美大島などでも採集されている。海産魚であるが淡水にもなれるほどの広塩性で川に入ることもある。口は小さく歯がなく,全身が銀白色である。大型で,全長180cmになるものもある。フィリピン,台湾,インドネシアで養殖魚としてもっとも重要な種の一つであり,300年以上の歴史をもつ。上げ潮時に海岸に寄った稚魚をすくいとり天然種苗としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバヒー(虱目魚)の関連キーワードシロギスニギスマサバメゴチアサバガレイアオギス胡麻鯖キハダマグロゴマサバトラギス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone