コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフロール サフロール safrol

3件 の用語解説(サフロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サフロール
サフロール
safrol

サッサフラス油の主成分。しょうのう赤油を急激に冷却すると結晶として得られる。芳香があり,融点 11℃,沸点 234.5℃。水に不溶,エチルアルコールエーテルに可溶。ピペロナールバニリンの合成原料,石鹸,チューインガム,医薬などの香料として使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サフロール(safrole)

サッサフラスの根からとる精油の主成分。酸化するとピペロナールになる。香料やたばこの香りづけに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サフロール【safrole】

サッサフラスノキSassafras officinale(クスノキ科)の根を蒸留して得られるサッサフラス油,クスノキの精油のショウノウ油,シキミの果実精油の成分として存在する香気物質。これらの精油を蒸留,精製すると得られる。無色またはやや淡黄色の液体。比重1.10,沸点235.9℃,融点11℃,引火点100℃。水に不溶,アルコール,エーテル,油に可溶,グリセリンなどにやや可溶。主としてセッケン香料として用いられるが,鎮痛塗布剤としても利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サフロールの関連キーワードサッサフラスえっさっさえっさっさ節佐々サフラワー油サフラン擬花サフランサフラワーオイルガラスの絆ベルサッサ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone