コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サミズダート サミズダート〈ロシア〉samizdat

3件 の用語解説(サミズダートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サミズダート(〈ロシア〉samizdat)

ソ連時代の地下出版物。また、その出版所。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サミズダート【samizdat】

検閲を経ないソ連邦時代の地下出版物のこと。ロシア語のサム(自身)とイズダート(出版所の略)を組み合わせた新造語で,1960年代後半から用いられるようになった。帝政時代に革命的な詩などが手書きでひろまったのと同様,小部数のタイプ刷り文書が回覧され,共鳴者によって再タイプされる形態をとる。1956年のスターリン批判ハンガリー事件のころから活発化し,56‐60年のギンズブルグ《シンタクシス》,61年のガランスコフ,ブコフスキー編《フェニックス61》などの詩文集が先駆けとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サミズダート【samizdat】

(ソ連などでの)地下出版。また、地下出版物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のサミズダートの言及

【異論派】より

…異論派は1960年代のスターリン批判徹底化の動きの中から出てきた。すでに60年代はじめから自らの主張をタイプ・コピーで広めること(サミズダート),広場で朗読集会を開くこと,国外で作品を発表することは始まっていた。この面での最初の衝突は66年2月10~14日のダニエル=シニャフスキー裁判である。…

※「サミズダート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone