コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサエビ サラサエビ Rhynchocinetes uritai

2件 の用語解説(サラサエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラサエビ
サラサエビ
Rhynchocinetes uritai

軟甲綱十脚目サラサエビ科 Rhynchocinetidae。体長 4cmをこえる。赤褐色の複雑な縞模様がある。額角は上縁に 2~3歯,先端近くに 4~5歯,下縁に 8~11歯をもち,頭胸甲と関節でつながっているため,上下に動く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラサエビ
さらさえび / 更紗蝦
[学]Rhynchocinetes uritai

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目サラサエビ科に属するエビ。房総半島から沖縄諸島までの水深5~20メートルの岩場にすむ。体側に赤褐色の複雑な縞(しま)が、背から腹方に横または後方に走り、雌では第3腹節の背面に黒褐色の丸い斑紋(はんもん)がある。額角(がっかく)は上縁に2、3歯、先端近くに4、5歯、下縁に8~11歯がある。額角は関節によって頭胸甲とつながっており、上下に可動である。このような特徴はサラサエビ類以外のエビ類にはみられないが、生態的意義は不明である。沖縄諸島以南のサンゴ礁には斑紋のやや単純なサンゴサラサエビR. hiattiが普通にみられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラサエビの関連キーワード軟甲類沼海老藜海老乙姫蝦車蝦桜蝦芝海老猩猩蝦牡丹海老サラサエビ(更紗蝦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラサエビの関連情報