コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサエビ サラサエビRhynchocinetes uritai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラサエビ
Rhynchocinetes uritai

軟甲綱十脚目サラサエビ科 Rhynchocinetidae。体長 4cmをこえる。赤褐色の複雑な縞模様がある。額角は上縁に 2~3歯,先端近くに 4~5歯,下縁に 8~11歯をもち,頭胸甲と関節でつながっているため,上下に動く。相模湾以南の浅海に広く分布し,近縁種にサンゴサラサエビ R. hiatti など多くの種が知られており,いずれも特徴的な模様があって美しい。エビ類中で額角が可動であるのはサラサエビ科のみで,hinge-beak shrimpと呼ばれる。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラサエビ
さらさえび / 更紗蝦
[学]Rhynchocinetes uritai

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目サラサエビ科に属するエビ。房総半島から沖縄諸島までの水深5~20メートルの岩場にすむ。体側に赤褐色の複雑な縞(しま)が、背から腹方に横または後方に走り、雌では第3腹節の背面に黒褐色の丸い斑紋(はんもん)がある。額角(がっかく)は上縁に2、3歯、先端近くに4、5歯、下縁に8~11歯がある。額角は関節によって頭胸甲とつながっており、上下に可動である。このような特徴はサラサエビ類以外のエビ類にはみられないが、生態的意義は不明である。沖縄諸島以南のサンゴ礁には斑紋のやや単純なサンゴサラサエビR. hiattiが普通にみられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サラサエビの関連キーワードサラサエビ(更紗蝦)更紗蝦甲類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android