コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサバテイ サラサバテイ Tectus niloticus; button top shell; commercial top shell

2件 の用語解説(サラサバテイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラサバテイ
サラサバテイ
Tectus niloticus; button top shell; commercial top shell

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻貝。水産名ではタカセガイ (高瀬貝) ともいわれる。殻高 10cm,殻径 12.5cmに達する大型種。殻は円錐形,殻表は平滑で,紅紫色または緑色の電光模様があるが,通常はコケムシなどが付着してよごれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラサバテイ
さらさばてい / 更紗馬蹄
button topwater flowing top shell
[学]Rochia niloticus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)、タカセガイともいう。奄美(あまみ)大島以南の西太平洋・インド洋のサンゴ礁にすむ。殻高10センチメートル、殻径12.5センチメートルに達する大形種で、殻は厚く重く整った円錐(えんすい)形、老成すると体層の周縁が厚く膨らんで広がる。殻表には紅紫色または緑色などの稲妻状の放射模様がある。殻口内は真珠光沢が強い。軸唇上には鈍い歯状突起がある。殻は貝ボタンや貝細工の材料になり、南太平洋の島々の重要な物産である。ミクロネシアなどでは禁漁期と制限殻高を設け、資源保護をしている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラサバテイの関連キーワード有肺類腰高雁空前鰓類象水母千種貝石畳貝疣細螺久保貝軟体類エビスガイ(戎貝)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone