コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=ローラン サン=ローラン Saint-Laurent, Cécil

3件 の用語解説(サン=ローランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=ローラン
サン=ローラン
Saint-Laurent, Cécil

[生]1919.1.5. パリ
[没]2000.12.29. パリ
フランス大衆小説作家,ジャーナリスト。本名 Jacques Laurent-Cély。『いとしのカロリーヌ』 Caroline chérie (1947) 以下の「カロリーヌ・シリーズ」により大ベストセラー作家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サン=ローラン
サン=ローラン
Saint-Laurent, Louis (Stephen)

[生]1882.2.1. ケベックコンプトン
[没]1973.7.25. ケベック
カナダの政治家。ラバル大学卒業後弁護士を経て,1941年 W.キング自由党内閣の法相,46年外相。 48年キングの後継者として自由党党首。 48~57年 W.ローリエに次ぐ2人目のフランス系カナダ人首相となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サン=ローラン
サン=ローラン
Saint Laurent, Yves

[生]1936.8.1. アルジェリアオラン
[没]2008.6.1. フランス,パリ
フランスの服飾デザイナー。 17歳のとき,才能を認められ,C.ディオールのもとで活躍。 1957年ディオールの死後,21歳でその後継者となり,コレクションで成功を収め続けたが,58年に発表したトラペーズラインは特に有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン=ローランの関連キーワードアルジェリアアルジェリア事件阿爾及アルジャザイルアルジェの戦いアルジェリア風のパリの女たちエビアン協定アルジェリア独立青年アルジェリア運動ボーヌ(アルジェリア)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン=ローランの関連情報