コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクルー Saint-Cloud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクルー
Saint-Cloud

フランス北部,オードセーヌ県の町。パリ西方郊外,セーヌ川西岸に位置する住宅地区。 17世紀末に建設され,ナポレオン1世がマリ・ルイーズと結婚式をあげ,ナポレオン3世が即位,住居とした宮殿は 1870年に焼失し,1891年に取りこわされたが,ル・ノートルが設計した庭園は一大公園として残っている。なかに国際度量衡局があり,メートル原器が保存される。ノルマンディーへの高速自動車国道は,この庭園の下を通っている。競馬のサンクルー大賞典競走は有名。ポンプ,ろうそく,化粧品などの工業も立地。団地の建設が進んでいる。人口2万 8673 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンクルーの関連キーワードオルレアン公ルイ・フィリップ・ジョゼフアンリエット・ダングルテールオルレアン公フィリップ1世シャルロッテ・エリザベトリュディヴィーヌ サニエオルレアン公フィリップサントス=デュモンエルコンドルパサーサンクルー窯柿右衛門様式セナンクールジョーダンデュ・ボスアンリ3世パスツールクロードベロックエフナーキリーディブ