国際度量衡局(読み)こくさいどりょうこうきょく

大辞林 第三版の解説

こくさいどりょうこうきょく【国際度量衡局】

国際度量衡委員会の指揮下、国際原器の保管、各種原器の検査、度量衡に関する研究などを行う機関。本部パリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐どりょうこうきょく〔‐ドリヤウカウキヨク〕【国際度量衡局】

国際度量衡委員会管轄の部局。国際度量衡総会の決定事項に基づき、国際原器保管、各国原器の比較、度量衡に関する研究、国際原子時の管理・運用などを行う。1875年設立。本部はフランスのパリ近郊の町セーブルBIPM(Bureau International des Poids et Mesures)。IBWM(International Bureau of Weights and Measures)。→協定世界時

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国際度量衡局【こくさいどりょうこうきょく】

メートル条約に基づき,パリ郊外セーブルに設けられた国際機関。条約正文では度量衡万国中央局。国際度量衡委員会の指揮監督を受け,国際原器の保管・比較測定,各国に交付された原器や各国で用いられている度量衡原器と国際原器との比較,各種測定,物理定数の決定,他学界での諸決定の統合等を行う。他に度量衡の標準に関する新技術の開拓にも寄与。→原器
→関連項目ギョームキログラム原器メートル原器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいどりょうこうきょく【国際度量衡局 International Bureau of Weights and Measures】

1875年に調印されたメートル条約に基づき,メートル法によって度量衡の単位を世界的に統一するために設立された計量標準の国際的な維持供給機関。パリの南西約10kmのセーブルにある。施設・設備費と維持費は条約締約国の分担金で支弁される。その業務は,設立当初は長さと質量の国際原器を保管し,各国原器の検査を行うことおよびそれに関連する諸研究に限られていたが,1921年の条約改訂以後,電気,測光および電離性放射線の標準器やおもな物理量の目盛を維持し,かつ業務に関係する物理定数に関し測定と調整を行うよう拡張された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国際度量衡局の言及

【度量衡】より

…1921年の法改正は,メートル法への統一の方向を示すものであって,その公布の日である4月11日は後に度量衡記念日またはメートル記念日と呼ばれるようになった。同じ年に,当時の皇太子・裕仁親王は,国際度量衡局を訪問,参観した。 メートル法への統一は,1930年代の反動期を経て,58年にようやく結実するのであるが,その間,度量衡法は全面的に改められ新たに計量法が成立し(1951),その公布の日である6月7日が計量記念日と名付けられた。…

※「国際度量衡局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際度量衡局の関連情報