サンザ(英語表記)sanza

世界大百科事典 第2版の解説

サンザ【sanza】

サハラ以南のアフリカで広く用いられる体鳴楽器の一種(イラスト)。共鳴板(箱)の上に並べ,一端を固定した金属(鉄)や竹や木の細長い舌状の薄片を両手の親指と人差指で弾いて鳴らす。楽器の大きさは地方によってさまざまだが,薄片の数は8~22,共鳴板の大きさは18cm×25cmくらいが標準。鉄の薄片は自転車のリムやこうもり傘の骨をたたき延ばし,音律に従って適当な長さに切る。音は原理的にはオルゴールのそれに近いが,アフリカの伝統的な楽器の特徴として,各薄片にリングを付加したり,共鳴箱に貝殻や瓶の金冠をゆるく取り付けて,弾奏の振動に呼応して〈さわり〉がつくようにくふうされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンザ
さんざ
sanza

アフリカのサハラ以南各地に広く分布する摘奏体鳴楽器の総称。地域によってムビラ、マリンバ、リケンベなどの呼称をもつ。形態も楽器ごとに異なるが、基本的には、数本から数十本の長さの異なる細長い薄片(木・竹・金属製)の一端を木やひょうたんの共鳴箱か平板の上に固定し、手前にくる他端を親指や他の指ではじいて音を出す構造をもつ。平板に取り付けた場合は、楽器全体をひょうたんなどの中に入れて演奏し共鳴させる。多くの楽器は、共鳴箱や板に貝や金属のがらがらを取り付けたり、薄片の基部に自由に振動する金属片をつけたりして音質に変化をもたせている。通常、歌の伴奏に、また独奏や合奏にも用いられる。19世紀に中南米に入り、カリブ海の黒人音楽にルンバ・ボックスとして大形の改良型サンザが使われるようになった。[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサンザの言及

【アフリカ】より

…ヒョウタンの共鳴器をつける場合が多い。この木琴類と同じく広範に分布するのが指ピアノとして知られるサンザである。さまざまな型の太鼓類,骨,角,アシなどで作られた笛類など,その種類はきわめて多い。…

※「サンザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンザの関連情報