散散(読み)さんざん

精選版 日本国語大辞典「散散」の解説

さん‐ざん【散散】

[1] 〘形動ナリ・タリ〙
① ちりぢりになるさま。細かくばらばらになるさま。
※御堂関白記‐長和二年(1013)八月一三日「其中有居檜破子長櫃、侍二人取之持上間、打落為散々
※古今著聞集(1254)一二「うみ柿のおちけるが、この弓とりの法師がいただきにおちて、つぶれてさむざむにちりぬ」
② 物事の程度のはなはだしいさま。乱れてはげしいさま。
※高野本平家(13C前)一「国務をおこなふ間非法非礼を張行し神社仏寺権門勢家の庄領を没倒し、散々(サンザン)の事どもにてぞありける」
※保元(1220頃か)上「親治ちっともさはがず弓とりなをして、散々に射るに」
③ 様子のひどく悪いさま。見苦しいさま。
※中右記‐保安元年(1120)四月二四日「是去年本寺焼亡之夜忩取出之間、寛平法皇御物成散々也」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「霧様の御気色、秋の頃はさんざんで、勤めもお引なされしが奥に入て少御快気」
[2] 〘〙 物事の程度が著しいさまを表わす語。いろいろとひどく。はなはだしく。さんざ。さんざっぱら。
※俳諧・伊勢山田俳諧集(1650)「露にしもすべりがちなる道のすへ さんさんよごれたる旅ころも〈孝晴〉」
帰郷(1948)〈大仏次郎〉風土「どうしようかと考へて、さんざん迷って」

ちり‐ぢり【散散】

〘名〙 (形動) 散ってばらばらになること。はなればなれになること。わかれわかれになること。また、そのさま。葉や花が散ること、また、そのように落ちぶれたり乱れたりしていくことにもいう。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇六「秋のもみぢと ひとびとは おのがちりぢり わかれなば〈伊勢〉」
※徒然草(1331頃)三〇「はての日は、いと情なう、たがひに言ふ事もなく、我賢げに物ひきしたため、ちりちりに行きあかれぬ」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)三「観音も同座に、若女(ぢゃくにょ)二色を見る事。の恋風・葉ずへちりぢりの身と成行はしれてある事なから」

さん‐ざ【散散】

〘副〙
① 十分満足するほど。
※洒落本・一事千金(1778)二「今までそこの茶をさんざたべた。此うへにのんだら、おかされてねられまい」
② 程度がはなはだしいさま。ひどく。さんざん。さんざっぱら。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一三「わたしの事をば、さんざわるくばかしいひますので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「散散」の解説

さん‐ざん【散散】

[形動][文][ナリ]
物事の程度が著しいさま。「若いころ散散に世話になった人」
物事の結果や状態がひどく悪くて、目も当てられないさま。みじめ。「今度の試験は散散だった」「散散な目にあう」
ちりぢりばらばらになるさま。砕け散るさま。
「うみ柿の落ちけるが…、つぶれて―に散りぬ」〈著聞集・一二〉
[副]嫌になるほど程度がはなはだしいさま。ひどく。さんざ。「散散言って聞かせたのにわからない」「散散遊んでおきながら」
[類語]さんざっぱらさんざこってりはなはだたいへんとても非常に大いにきわめてすこぶるごく大層至って至極しごくいとも実にまことにいたく・ひどく・恐ろしくすごくものすごく滅法めっぽう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる