サンジャク(読み)さんじゃく(英語表記)red-billed blue magpie

日本大百科全書(ニッポニカ)「サンジャク」の解説

サンジャク
さんじゃく / 山鵲
red-billed blue magpie
[学] Cissa erythrorhyncha

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。全長約65センチメートル、そのうち尾長約45センチメートル。ヒマラヤから中国とインドシナ半島にかけて広く分布する尾の長い美しい鳥で、日本にも飼い鳥として輸入されることがある。主として青く、顔から胸は黒くて、嘴(くちばし)と足が赤く、頭上から後頸(こうけい)と腹部は白い。習性はカケスやオナガに似る。これに近縁な鳥はスリランカからボルネオ島と台湾にかけて約10種がいる。

[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サンジャク」の解説

サンジャク
sancak

オスマン帝国の軍事封土制度下における行政区の一単位。軍旗を意味するトルコ語に由来する。最も大きな地方行政単位であるエヤーレト (州) の下位に属し,サンジャク・ベイによって轄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android