コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアインコスメディン教会 サンタマリアインコスメディンキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐イン‐コスメディン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタマリアインコスメディン教会】

Basilica di Santa Maria in Cosmedin》イタリアの首都ローマにある教会。6世紀の創建。8世紀、ローマ教皇ハドリアヌス1世により拡張され、12世紀にロマネスク様式の7層の鐘楼が建てられた。東ローマ帝国偶像破壊(アイコノクラズム)運動を逃れてきたギリシャ人が手がけたモザイクが残っている。外壁にある真実の口は観光客に人気がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアインコスメディンきょうかい【サンタマリアインコスメディン教会】

イタリアの首都ローマにあり、「真実の口」(ボッカデラヴェリタ、La Bocca della Verità)のある教会として有名。チルコ・マッシモやカラカラ浴場跡など古代ローマの遺跡が多く残る一角、ボッカデラヴェリタ(真実の口)広場に面して建つ、7層の鐘楼(しょうろう)をもつロマネスク様式の教会である。古代ローマ時代から繁華街(食料市場)だった場所に、6世紀ごろ、ギリシア人住民の教会として建てられた。「真実の口」は、もともとは下水溝のふただったと考えられているもので、教会入り口の柱廊の左側の壁に立てかけられている。海神トリトーネのレリーフがあり、その口は嘘を言う者の手を噛みきる、という中世からの言い伝えがある。映画『ローマの休日』で有名になった。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

サンタマリアインコスメディン教会の関連キーワードマイケルズサンタキアーラ聖堂サンタクローチェ聖堂サンタチェチリアイントラステベレ聖堂サンタトリニタ教会サンタマリアイントラステベレ聖堂サンタマリアグロリオーサデイフラーリ教会サンタマリアソプラミネルバ教会サンタマリアデッラサルーテ聖堂サンタマリアデッリアンジェリ教会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android