コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアインコスメディン教会 サンタマリアインコスメディンキョウカイ

2件 の用語解説(サンタマリアインコスメディン教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐イン‐コスメディン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタマリアインコスメディン教会】

Basilica di Santa Maria in Cosmedin》イタリアの首都ローマにある教会。6世紀の創建。8世紀、ローマ教皇ハドリアヌス1世により拡張され、12世紀にロマネスク様式の7層の鐘楼が建てられた。東ローマ帝国偶像破壊アイコノクラズム)運動を逃れてきたギリシャ人が手がけたモザイクが残っている。外壁にある真実の口は観光客に人気がある

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアインコスメディンきょうかい【サンタマリアインコスメディン教会】

イタリアの首都ローマにあり、「真実の口」(ボッカデラヴェリタ、La Bocca della Verità)のある教会として有名。チルコ・マッシモカラカラ浴場跡など古代ローマの遺跡が多く残る一角、ボッカデラヴェリタ(真実の口)広場に面して建つ、7層の鐘楼(しょうろう)をもつロマネスク様式の教会である。古代ローマ時代から繁華街(食料市場)だった場所に、6世紀ごろ、ギリシア人住民の教会として建てられた。「真実の口」は、もともとは下水溝のふただったと考えられているもので、教会入り口の柱廊の左側の壁に立てかけられている。海神トリトーネのレリーフがあり、その口は嘘を言う者の手を噛みきる、という中世からの言い伝えがある。映画『ローマの休日』で有名になった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタマリアインコスメディン教会の関連キーワードアリッチャクイリナーレの丘真実の口パラティーノの丘ビラ・アドリアーナファルネーゼ広場ポポロ門マルチェッロ劇場ローマの七丘ピンチョの丘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone