コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア・ノベラ聖堂[フィレンツェ] サンタ・マリア・ノベラせいどう[フィレンツェ]Santa Maria Novella, Firenze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア・ノベラ聖堂[フィレンツェ]
サンタ・マリア・ノベラせいどう[フィレンツェ]
Santa Maria Novella, Firenze

イタリアのフィレンツェにあるドミニコ修道会の聖堂。 1278年に起工され,1350年にドームをもつ内部が完成された。三廊式のイタリア・ゴシック建築でラテン十字形のプランをもつ。ファサードアルベルティが 1456~70年に完成したものである。白と緑の大理石によって美しく化粧張りされ,プロト・ルネサンス様式 (1456~70) の代表的なファサードと考えられている。身廊壁にマサッチオが有名な『三位一体』のフレスコを残し,またストロッツィ礼拝堂には F.リッピと A.オルカーニャフレスコ画を描いている。その他スペイン人の礼拝堂と通称される参事会室にはアンドレア・ダ・フィレンツェの,修道院回廊には P.ウッチェロのフレスコ画があるなど,この聖堂はルネサンスの芸術家たちの活動の場として,またその時代の傑作を数多く残す宝庫として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android