コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンダーソニア サンダーソニアSandersonia aurantiaca; Christmas-bells; Chinese lantern lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンダーソニア
Sandersonia aurantiaca; Christmas-bells; Chinese lantern lily

ユリ科の1属1種の球根植物南アフリカ原産で,互生する葉は披針形。葉先は巻きひげ状になり,周囲に巻付く。オレンジ色の花は直径約 2.5cmの壷形で,葉腋に1花ずつ下垂する。草丈は 40~70cm。花形と花もちのよさから,切り花としても人気があり,鉢植えも出回る。4月頃に球根を植付ける。日当りと水はけのよい環境を好む。乾燥には比較的強いが過湿に弱いため,雨が当らないように露地植えは避け,鉢植えで栽培したほうが無難である。花後に葉が黄変したら球根を掘上げ,翌春まで貯蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サンダーソニア

南アフリカに原産するユリ科の球根植物。地下に塊茎をもち,茎は直立するか,葉先の巻きひげで他物にからんでよじ登り,高さ約70cmになる。花はだいだい黄色,径2.5cmほどの壺形で,茎の上部の葉腋から出る長い花柄の先に垂れ下がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンダーソニア
さんだーそにあ
[学]Sandersonia aurantiaca Hook. f.

ユリ科の球根草。英名クリスマス・ベルchristmas bellまたはチャイニーズ・ランタンChinese lantern。南アフリカのナタール地方原産。地下に塊茎があり、草丈40~60センチメートル。草姿はヒメユリに似ており、中央の大形葉の先端は伸び、他物に絡みつく。春植えで、6月中・下旬から7月中旬に、径約3センチメートル、橙黄(とうこう)色の花を下向きに1~4個つける。原産地でも数の少ない珍しい植物である。切り花や鉢植えにするが、栽培はむずかしい。とくに多湿を避けることと、排水をよくすることがたいせつ。繁殖は実生(みしょう)によるが、開花は植え付け後2年くらいかかる。[川畑寅三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンダーソニアの関連キーワード実生

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android