コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンダーソニア サンダーソニア Sandersonia aurantiaca; Christmas-bells; Chinese lantern lily

3件 の用語解説(サンダーソニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンダーソニア
サンダーソニア
Sandersonia aurantiaca; Christmas-bells; Chinese lantern lily

ユリ科の1属1種の球根植物南アフリカ原産で,互生する葉は披針形。葉先は巻きひげ状になり,周囲に巻付く。オレンジ色の花は直径約 2.5cmの壷形で,葉腋に1花ずつ下垂する。草丈は 40~70cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンダーソニア

南アフリカに原産するユリ科の球根植物。地下に塊茎をもち,茎は直立するか,葉先の巻きひげで他物にからんでよじ登り,高さ約70cmになる。花はだいだい黄色,径2.5cmほどの壺形で,茎の上部の葉腋から出る長い花柄の先に垂れ下がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンダーソニア
さんだーそにあ
[学]Sandersonia aurantiaca Hook. f.

ユリ科の球根草。英名クリスマス・ベルchristmas bellまたはチャイニーズランタンChinese lantern。南アフリカのナタール地方原産。地下に塊茎があり、草丈40~60センチメートル。草姿はヒメユリに似ており、中央の大形葉の先端は伸び、他物に絡みつく。春植えで、6月中・下旬から7月中旬に、径約3センチメートル、橙黄(とうこう)色の花を下向きに1~4個つける。原産地でも数の少ない珍しい植物である。切り花や鉢植えにするが、栽培はむずかしい。とくに多湿を避けることと、排水をよくすることがたいせつ。繁殖は実生(みしょう)によるが、開花は植え付け後2年くらいかかる。[川畑寅三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンダーソニアの関連キーワードアマリリスハナニラ(花韮)エピデンドラムオーニソガラムハエマンサスアフリカ舞舞南アフリカ連邦パイナップル・フラワーブルンスビギアリットニア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンダーソニアの関連情報