コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントリン島 サントリントウ

2件 の用語解説(サントリン島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サントリン‐とう〔‐タウ〕【サントリン島】

Santorin》⇒サントリーニ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントリン島
さんとりんとう
Santorin

地中海エーゲ海入口のギリシアキクラデス諸島南部にある、安山岩石英安山岩の活火山島。基盤は千枚岩、石灰岩。別名ティラ島Thra、古代名はテラ島Thera。サントリーニ島Santorniともいう。標高1315メートル。西に開いた三日月形で、長径約14キロメートル、面積75.8平方キロメートル。人口約8000。中心地はフィラPhira。主産業はワインと鉱石(セメントの材料)。南部のアクロティリAkrotriは古代ミノア文明が栄えた都市遺跡で、現在は著名な観光地。アテネから空路25分、アテネとクレタ島から船便もある。火山は長い休眠後、紀元前1470年ごろ巨大噴火で多量の軽石を一挙に噴出した結果、島の中央部が陥没し、東西7キロメートル、南北11キロメートルのカルデラができ、島の残りはティラ(主島)、テラシア、アスプロニシの3島に分断された。その後、また長い休眠ののち、前197年からふたたび噴火が反復され、溶岩円頂丘や溶岩流の島(中央火口丘群)が順次生成・拡大されてきた。最新の噴火は1950年にネアカメニ島(標高131メートル)で発生し、同島では現在も噴気活動が続いている。この火山は、同じ地中海火山帯のベスビオ、エトナなどの諸火山とともに、18世紀後半から近代科学のメスが入れられ、多彩な成果が得られた。さらに、1967年からのアクロティリ発掘により、前記の前15世紀の大噴火で、古代エーゲ海のミノア文明が破滅的被害を受けたことがわかった。それを「アトランティス伝説」に結び付ける人もあるが、反証が多く、説得力は乏しい。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サントリン島の関連キーワードサントリーサントリーニ島ティラ島ミティリーニ島サントリーオールドサントリー角ハイボールサントリーサンゴリアスサントリーサンバーズサントリー ドライジンサントリーニの牙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone