コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンボ sambo

翻訳|sambo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンボ
sambo

ロシアの徒手格闘技。ロシア帝国時代から各地で独自に行なわれていた格闘技を,1938年にアナトリー・ハルラムピエフを中心とするソビエト連邦体育スポーツ委員会が整理集約し,日本の柔道なども加味して新しい体系の競技にまとめ,サンボと名づけた。全ソ連選手権や国際大会などが順次開催され,国際レスリング連盟の管理種目となったが,その後,国際サンボ連盟が設立され独立。日本には 1960年代初めに紹介され,1965年に日本サンボ協会 (現日本サンボ連盟) が設立された。登録者数は約 2000人。柔道とレスリングを合わせたような競技で,柔道着に似た上着,靴を着用し,直径 10mのマット上で対戦する。帯から上ならほぼ自由に相手をつかむことができ,投げ技関節技 (ともに一本勝ちがある) や押さえ込み (一本勝ちはない) などによるポイント加算で勝敗を競う。柔道と違って絞め技は禁じられているが,下半身への関節技は認められている。個人戦は体重区分の9階級で,団体戦もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンボ(〈ロシア〉sambo)

《samooborana bjez oružija(武器を持たない自己防衛の意)の略》柔道とレスリングとを混合したような格闘技。多数の民族格技をもとに1930年代にソ連で始められたもので、絞め技のない柔道ともいわれ、関節技に特徴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サンボ

旧ソ連各地の民族格闘技を基本とし,柔道レスリングなどの特徴をも取り入れて考案された格技。samboとは〈武器〉〈不所持〉〈自己防衛術〉の三つのロシア語を組み合わせた造語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンボ【sambo】

旧ソ連各地に伝わる各種の民族格技をハルラムピエフA.A.Kharlampievが中心になって統一ルールを作った新競技。samboとは,〈武器〉〈不所持〉〈自己防衛術〉の三つのロシア語を組み合わせた造語。10m2のマット上に敷いた8m2のキャンバスの上で投げ技,固め技(抑え技,関節技)によって勝敗を競う。9階級制で競技時間は6分。レスリング用の短いパンツと柔道着に似たサンボ着,かかとのない靴を着用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サンボ【sambo】

ロシアの民族格闘技。柔道とレスリングを合わせたようなルールをもつ。ソ連時代(1930年代)に国内外の格闘技を統合して、国技として普及させたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンボ
さんぼ
самбо Sambo

日本の柔道とよく似た旧ソ連地域の格闘技。A・A・ハルラムピエフらによって1930年代にソ連で始められた。14メートル四方のウレタン素材等によるアマチュアレスリングマットを敷き、その中の直径10メートルの円(うち外縁1メートル幅がレッドゾーン)内で競技が行われる。柔道同様一対一の個人競技で、投げ技、固め技などのほか、首投げ、バックドロップなどレスリングの技も認められている。手足の関節を攻めることは認められているが、柔道では認められている締め技が禁止されているのが大きな違いである。成人では体重別に9階級に分かれる。服装はショートパンツ(スパッツ)に靴でレスリングと同じだが、上半身には柔道着と似た袖(そで)のついたサンボジャケットを着用している。試合時間は普通10分で、一本勝ち、技の得点1、2、4ポイントの四つがあり、試合時間内に一本がない場合はポイントの多いものが判定勝ちとなる。引分けはない。ソ連での第1回選手権大会は1939年11月にレニングラードで個人戦だけが行われている。団体戦は10年後の1949年から加えられた。旧ソ連地域の柔道選手にはサンボ出身者が多い。サンボはロシア語のサモザシチータ・ベズ・オルージャ(武器を持たない自己防衛術の意)の三つの単語の頭文字を組み合わせたものである。ソ連ではスポーツ競技以外に、軍隊や民警で戦闘技術の一つとして広く教えられていた。日本でも1965年(昭和40)に日本サンボ協会(現日本サンボ連盟)が設立され、67年リガにおける第1回国際トーナメントで団体2位の成績を収めている。[石井恒男]
 1969年、モスクワで行われたサンボ国際トーナメントで日本の岩釣兼生(いわつりかねお)が優勝している。また、1996年に東京で行われた第20回世界サンボ選手権大会で日本の武田美智子が優勝している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サンボの関連キーワードエメリヤーエンコ ヒョードル世界はそれを愛と呼ぶんだぜサンボアンガデルノルテ州セルゲイ ハリトーノフサンボアンガデルスル州ソンボープレイクックデビッド・サンボーンアフロ・アメリカ文化ギュスタブ カーングアヤキル歴史公園ハイラム ブロック阿耨多羅三藐三菩提イーシャナバルマンサンボアンガ半島由羅(YURA)ダブル・ビジョンリオのカーニバルミンダナオ[島]パソナンカ公園ラテンアメリカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンボの関連情報