サン・クルー(読み)さんくるー(英語表記)Saint-Cloud

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・クルー
さんくるー
Saint-Cloud

フランス中北部、オー・ド・セーヌ県の町。人口2万8157(1999)。パリの西2.5キロメートル、セーヌ川左岸に位置する住宅衛星都市。高等師範学校、国際刑事警察機構(インターポール)本部(1988年リヨンに移設)、競馬場の所在地として知られ、また18世紀のブルトーユ館には国際度量衡事務局がある。町は、クロービス王の孫クロドアルド(クルー)が6世紀に建設した修道院に起源をもち、16世紀には城館が建設され、ル・ノートルにより庭園が整備された。17~18世紀には陶磁器の産地として知られ、現在は航空機産業、ポンプ工業がある。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android