コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・クレメンテ聖堂 サン・クレメンテせいどうSan Clemente, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・クレメンテ聖堂
サン・クレメンテせいどう
San Clemente, Roma

ローマにあるバシリカ式聖堂。4世紀に創建され,その後,幾度か修復されて現在では上下2層をなす2つの聖堂に分れている。上部聖堂は 1108年に建造されたもので,イオニア式の円柱をもち,アプスは絵画で,その上部は 12~13世紀のモザイク『十字架の勝利』で飾られ,内部の聖カテリーナ礼拝堂にはマソリーノ・ダ・パニカーレの有名なフレスコ画が描かれている。6世紀に属する下部聖堂は 19世紀に発掘されたもので,4~5世紀までさかのぼる初期キリスト教時代の遺構をとどめている。壁面に残る6~11世紀のフレスコ画には,寄進者の肖像が描かれているため,その時代が明確にわかり,美術史上興味深い。またシトラ教の遺構もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・クレメンテ聖堂
さんくれめんてせいどう
Chiesa di San Clemente

ローマ市内のコロセウムの近くに建つ聖堂。地下には2世紀の建築の遺構をはじめ、もう一つの聖堂の遺構をもつ複雑な構造となっている。古い聖堂つまり「下の教会」の創建は4世紀にさかのぼり、現状は9世紀の大改修のプランが残されている。また6世紀から12世紀のフレスコ壁画の断片も認められる。1084年にはロベルト・グイスカルドのローマ略奪の際に火災を受けた。1128年、教皇パスクアーレ2世の時代に新たに「上の教会」が完成した。上の教会はアトリウム(前庭)をもつ三廊式バシリカ型会堂で、アプスの「勝利の十字架」を描いたモザイクや舗床モザイクを含めて全体が、当時の初期キリスト教美術への復古主義を示す代表的な作例となっている。また祭壇、天蓋(てんがい)(バルダッキーノ)、身廊中央部の聖歌隊席も12世紀当時の姿をよくとどめている。[名取四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サン・クレメンテ聖堂の関連キーワードマゾリーノ・ダ・パニカーレカタルニャ美術館

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android