サン・ローラン(読み)さんろーらん(英語表記)Yves Saint-Laurent

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ローラン(Yves Saint-Laurent)
さんろーらん
Yves Saint-Laurent
(1936―2008)

フランスの服飾デザイナー。アルジェリアのオランに生まれる。17歳のとき国際羊毛事務局主催のデザイン・コンテストで優勝。翌年『ヴォーグ』の編集者から紹介されたディオールに即刻採用され同店で働く。ディオールの急死により主任デザイナーの地位につき、「トラペーズ(台型)・ライン」で大成功を収めた。兵役ののち、1962年に彼自身の店を開く。以後、アートをファッションに取り入れたモンドリアン・ドレスやポップ・アート・ドレス、シースルー・ルック、女性のパンツ・ルックが市民権を得ることになったシティ・パンツ、男女の衣服の垣根を取り払ったサファリ・ルックやブレザー・ルック、バレエ・リュスに影響を受けたコスチューム・ルックなど話題作を次々に発表し、エレガンスに新しい解釈を与えた。66年にはファッションの大衆化をいち早く見通し、既製服店「サン・ローラン・リブゴーシュ」を開店。彼は独創的なファッションの創造者というより、時代が求めるファッションの方向性を的確にとらえる卓抜した才能をもち、パリ・オートクチュールを代表する存在というだけでなく、20世紀のファッションに大きな功績を残している。2002年引退を表明した。[深井晃子]
『アリス・ローソーン著、深井晃子監訳『イヴ・サンローラン 喝采と孤独の間で』(2000・日之出出版) ▽川島ルミ子著『Yves Saint Laurent The begining of a legend 1936~2000』(2000・アルク)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android