コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジェルマン・アン・レー Saint‐Germain‐en‐Laye

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ジェルマン・アン・レー【Saint‐Germain‐en‐Laye】

フランス北部,イブリーヌ県の都市。人口3万8499(1982)。パリの西約20km,セーヌ川沿いの丘の上にある。12世紀にルイ6世が城砦を築いて以来,王城の地であったが,現在の城館は,一部を除き,16世紀初頭にフランソア1世が建造したもの。ルイ14世はここに生まれ,ルーブルを嫌って1682年ベルサイユに移るまで,ここを宮廷とした。城内には考古博物館が置かれており,ガロ・ロマン時代のすぐれたコレクションで知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・ジェルマン・アン・レーの関連キーワードペロー(Dominique Perrault)C.A. ドビュッシーマリ・クレール アランサン・ジェルマン条約サン・ジェルマン条約イル・ド・フランスアメリ モレスモドビュッシール・ノートルモルティエフランソア象牙彫ドニ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android