コレクション(読み)これくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コレクション

オブジェクト指向言語における、複数の要素の集まりを表すオブジェクト。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コレクション

オートクチュールプレタポルテデザイナーが,顧客や小売店のバイヤー,ジャーナリズムに対して,シーズンに先駆け新しい作品を発表する催し。いわゆるファッション・ショーのこと。パリではオートクチュールが1月と7月,プレタポルテが3月と10月に行われる。ミラノ,ロンドン,ニューヨーク,マドリード,ソウルほかで行われ,東京でも1985年以来毎年4月と11月に開催されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コレクション【collection】

広義には,歴史,芸術,民俗,産業,自然科学などの資料切手,貨幣などの趣味品の収集をいうが,ここでは美術品の収集について述べる。 われわれが美術品に接するときの二つの重要な方法,享受と研究とのために,美術品のコレクションは欠くべからざるものである。なぜならば,建築や,建築の内外に付随するため現地に残されている美術品を除いて,過去のあらゆる美術的遺産は必ずなんらかの収集に属しているといえるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コレクション【collection】

( 名 ) スル
美術品・骨董こつとう品・切手などを趣味として集めること。また、集められたもの。収集。
高級衣装店やデザイナーが、そのシーズン用に発表する作品。また、その発表会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

コレクション

(1)図書館で所蔵する資料全体.図書館コレクションともいう.図書が中心である印象の強い「蔵書」に代わって,より多様な資料の集積を意味する用語として用いられている.(2)利用目的,利用者層,主題,資料種別,資料形態など共通の特性を持ち,一まとまりとして運営,管理される資料群.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内のコレクションの言及

【美術館】より

…古代ギリシアでは戦利品を集めて陳列したり,大きな事件(とくに戦争)の模様などを壁画にして民衆に見せることが行われ,これが今日の美術館の原型の一つともいえる。 美術館の歴史はコレクションの歴史と深くかかわっている。古代ローマではギリシアの美術品の収集が盛んに行われた。…

【ファッション・ショー】より

…服飾デザイナーやファッション産業などが,新しい作品を発表するために行う催しをいう。フランスではコレクシヨンcollections(présentation de collectionsともいう)といい,かつて春夏,秋冬の年2回行われていた。1954年フランスのファッション・デザイナー,ファトJacques Fath(1912‐54)が,彼のオート・クチュールの中にプレタポルテprêt‐à‐porter(高級既製服)の部門を開き,その中の作品と既製服店のロディエのスカートなどを組み合わせて使うことを発表し,プレタポルテの勃興する契機をつくった。…

※「コレクション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コレクションの関連情報