コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーブル サーブル sabre

翻訳|sabre

3件 の用語解説(サーブルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーブル
サーブル
sabre

フェンシングに用いる剣の一種。サーベルともいう。またそれを用いて行なう男子のみの競技種目。フルーレエペとは異なり切ることが主で,突き (トゥシュ) も併用できるのが特徴。剣は全長 105cm,剣身は 88cm,最大重量 500gで,剣先の3分の1は裏刃も使える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーブル(〈フランス〉sabre)

フェンシングの剣の一。また、それを用いて行う競技。突き、および打撃(切り)で争う。→エペフルーレ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サーブル【sabre】

サーベル に同じ。
フェンシング用の剣で、手を覆う鍔つばのついた柔軟なもの。また、それを用いたフェンシング競技の種目。切ることを中心とし、突きも併用できる。サーベル。 → エペフルーレ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサーブルの言及

【フェンシング】より

…白いユニフォームを着て金網のマスクをかぶり,片手に剣をもった剣士が台(ピスト)の上で1対1で突き,あるいは斬りを争う。使用する剣により,フルーレ,エペ,サーブルの3種に分けられる。
[歴史]
 刀剣を操作する技術をみがくための訓練や模擬試合はきわめて古くから行われていたが,フェンシングの直接の起源は中世の騎士の技芸であり,15世紀ころ発生したといえる。…

※「サーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーブルの関連キーワードアーベル群サーベイランスサーベイサーベルタイガーマイナーレーベルオーベルジュブルーベルメジャーレーベルディナーベルヘーベル君

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーブルの関連情報