コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーブル sabre

翻訳|sabre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーブル
sabre

フェンシングに用いる剣の一種。サーベルともいう。またそれを用いて行なう男子のみの競技種目。フルーレエペとは異なり切ることが主で,突き (トゥシュ) も併用できるのが特徴。剣は全長 105cm,剣身は 88cm,最大重量 500gで,剣先の3分の1は裏刃も使える。攻撃の有効範囲は,へその線あたりから上半身のすべてで,5本先取で勝ちとなる。切り,払い,切り返しの連続によるリズミカルな競技。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

サーブル【sabre】

サーベルに同じ。
フェンシング用の剣で、手を覆う鍔つばのついた柔軟なもの。また、それを用いたフェンシング競技の種目。切ることを中心とし、突きも併用できる。サーベル。 → エペフルーレ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のサーブルの言及

【フェンシング】より

…白いユニフォームを着て金網のマスクをかぶり,片手に剣をもった剣士が台(ピスト)の上で1対1で突き,あるいは斬りを争う。使用する剣により,フルーレ,エペ,サーブルの3種に分けられる。
[歴史]
 刀剣を操作する技術をみがくための訓練や模擬試合はきわめて古くから行われていたが,フェンシングの直接の起源は中世の騎士の技芸であり,15世紀ころ発生したといえる。…

※「サーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サーブルの関連キーワードサンタガットゥデモンフランク・E. ロスマルティン ワルザーマリエル ザグニスアーロン シラーギアルド モンタノミハイ コバリウデュ・サーブルミュンスターキム ジヨンバンデー県ワルザー仲 満

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーブルの関連情報