コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーリフ サーリフSalih, al-Tayyib

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーリフ
Salih, al-Tayyib

[生]1929. スーダン,シャマリア地方
[没]2009.2.18. イギリス,ロンドン
スーダンの作家。アラビア語で対照的なリズム感が交錯する強烈な魅力をもつ文章を綴り,伝統的な暮らしと現代生活が交わるアフリカを描き出した。スーダンのハルツームとイギリスのロンドンで学び,社会人としてはおもにラジオ放送界で活躍して長年にわたり BBCのアラビア語放送の演劇部長を務めた。出身地は小規模農家や伝統的な宗教家が存在する農村で,小説の世界のなかでは海外留学から世間ずれして帰ってきたアフリカ人と過去の伝統との調和をはかろうとした。散文詩とも呼ばれる小説『北へ還りゆく時』Mawsim al-hijrah ila al-shamal(1966)で現代アフリカの葛藤を取り上げ,短編集『ゼーンの結婚』'Urs al-Zayn(1967)で均整のとれたリズムの語り口でスーダンの伝統的なアラブ社会の温かみ,情の深さ,ユーモア,悲しさを表現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーリフ【al‐Ṣāliḥ】

1205‐49
アイユーブ朝の第7代君主。在位1240‐49年。カーミル(在位1218‐38)没後の混乱期にスルタンとなり,自ら購入したトルコ人奴隷兵(マムルーク)を用いて帝国の再統一に実績をあげた。治世中に多くの建設事業を手がけ,ナイル川(バフル)のローダ島にも奴隷軍団の兵舎を築いたが,バフリー・マムルークの呼称はこのことに由来する。なお,その後宮(ハレム)には,後にマムルーク朝の初代君主となるシャジャル・アッドゥッルがいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サーリフの関連キーワードガーマサーリフタラアイーサーリフタラアイーモスクバフリー・マムルークバイバルス[1世]タラス川の戦いイスラム教

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーリフの関連情報