コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーリフ サーリフ Salih, al-Tayyib

2件 の用語解説(サーリフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーリフ
サーリフ
Salih, al-Tayyib

[生]1929. スーダン,シャマリア地方
[没]2009.2.18. イギリスロンドン
スーダンの作家。アラビア語で対照的なリズム感が交錯する強烈な魅力をもつ文章を綴り,伝統的な暮らしと現代生活が交わるアフリカを描き出した。スーダンのハルツームとイギリスのロンドンで学び,社会人としてはおもにラジオ放送界で活躍して長年にわたり BBCアラビア語放送の演劇部長を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サーリフ【al‐Ṣāliḥ】

1205‐49
アイユーブ朝の第7代君主。在位1240‐49年。カーミル(在位1218‐38)没後の混乱期にスルタンとなり,自ら購入したトルコ人奴隷兵(マムルーク)を用いて帝国の再統一に実績をあげた。治世中に多くの建設事業を手がけ,ナイル川(バフル)のローダ島にも奴隷軍団の兵舎を築いたが,バフリー・マムルークの呼称はこのことに由来する。なお,その後宮(ハレム)には,後にマムルーク朝の初代君主となるシャジャル・アッドゥッルがいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーリフの関連キーワードアイユーブ朝サラディンIUIURIUIIUMIIUCDキフティーサラーフ・アッディーンヌール・アッディーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーリフの関連情報