コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクマン ザクマン Sakmann, Bert

2件 の用語解説(ザクマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザクマン
ザクマン
Sakmann, Bert

[生]1942.6.12. ドイツシュツットガルト
ドイツの細胞生物学者。 1969年マックス・プランク精神医学研究所研究助手となったのち,74年ゲッティンゲン大学医学博士号を取得。 85年マックス・プランク生物物理化学研究所細胞生理学部長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザクマン
ざくまん
Bert Sakmann
(1942― )

ドイツの生理学者。シュトゥットガルト生まれ。チュービンゲン大学医学部入学後、ミュンヘン大学医学部に移り1967年卒業。ミュンヘン大学病院で3年間研修医を勤めながら、マックス・プランク研究所で研究助手。1971年ロンドン大学に進学、1974年ゲッティンゲン大学で医学博士号を取得。1974年よりマックス・プランク研究所で研究。1987年ゲッティンゲン大学医学部教授。1990年ハイデルベルグ大学医学部教授、1991年同大学生物学教授。
 学生時代は神経生理学を学び、とくに中枢神経のシナプスに興味をもつ。マックス・プランク研究所の同僚E・ネーアーとの共同研究で、細胞膜中の一つのイオンチャンネルを通過するイオンが生み出す微小電流を検出する「パッチクランプ法」を開発した。それまでは複数種のイオンチャンネルによって生じる電流の総和しかとらえることができなかったが、この方法によって各イオンチャンネルの生理学的性質の研究が革新的に進んだ。その後、ザクマンはおもに脳におけるシナプス伝達を研究。パッチクランプ法開発の功績に対してネーアーとともに1991年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザクマンの関連キーワード小ドイツ主義西ドイツ東ドイツドイツ菖蒲ドイツ鯉ドイツ文字統一ドイツドイツ放送連盟ドイツパンの日ドイ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザクマンの関連情報