コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザコパネ ザコパネ Zakopane

3件 の用語解説(ザコパネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザコパネ
ザコパネ
Zakopane

ポーランド南部,マウォポルスキェ県の都市。カルパート山脈西部,国立公園のあるタトリ山地北麓の盆地内,クラクフ南方約 80kmに位置し,スロバキアとの国境に近い。ポーランドで最も有名な避暑地であり保養地としても知られ,約 20のサナトリウムをはじめ,ホテルや別荘が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ザコパネ(Zakopane)

ポーランド最南部の町。スロバキアとの国境に近く、カルパチア山脈西部のタトラ山地のふもとに位置する。19世紀末の鉄道網の整備にともない、同国屈指の観光保養地に発展。スキーリゾートとしても有名で世界選手権の開催地になった。作曲家のカロルシマノフスキ、画家のスタニスワフ=ビトカツィが同地に滞在したほか、スタニスワフ=ビトキエビッチがザコパネスタイルと称される木造の建築様式を生み出したことでも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ザコパネ【Zakopane】

ポーランド南部,ノビ・ソンチ県の小都市。人口2万8800(1980)。カルパチ山系タトラ山麓にあるポーランド最大の保養観光地で,タトラ国立公園内にある。ポーランド最南端の都市で,標高850mの松林中にザコパネ様式で知られる民家が点在する。夏の保養地や登山キャンプ基地,冬はウィンタースポーツと年間を通して観光客が訪れ,サナトリウム,保養施設,宿泊施設も多い。タトラ博物館が知られる。【山本 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザコパネの関連キーワードスロバキアタトリ山地チェコスロバキア共産党スロバキアカルストタトラ山地ビソケータトリビシェグラードグループスロバキアン・ハウンドイェレニャ・グーラチェコスロバキア事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザコパネの関連情報