コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザドルーガ Zadruga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザドルーガ
Zadruga

スラブ人のうち,南スラブと西スラブの間にみられる大家族の父系的血縁集団をさす。特定の土地を共有し,共同労働に従事しつつ,大家屋に共同生活を営む。母屋には一族を代表する強力な家長がいて,自給自足的な全生活を管理していた。ビザンチン帝国の税徴収策に起源を有するこの制度は,マルクスのいう家父長制的家族共同体にあたるとされ,エンゲルスは母権家族から個別家族への過渡期に発生した家父長制大家族の残存であると主張した。すでに商品経済の進展に伴い,この制度は姿を消しており,このような制度以前に母権家族が存在したことや,私的な土地所有の成立がザドルーガと一致していたかという点は確認しえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザドルーガ
ざどるーが
zadruga

南スラブ人と西スラブ人の間に古くから存在した家族形態。祖先を同一と信じる父系の血縁親族と嫁入りした女性、婿入りした男性とを含む大家族で、3世代の家族によって構成されることが多い。規模は20人から30人程度であるが、100人を超えることもまれにあった。成員たちは1人の首長(ドマチンdomachinまたはゴスポダーリgospodar’)によって指導、監督され、また、その妻(ドマチナdomachina)が女性成員を指導して家事を取り仕切った。議決事項は成人男女による集会で討論、決議され、罪を犯した成員はその集会で裁かれた。
 ザドルーガの起源には、スラブ人のバルカン半島侵入以前とする説と、ビザンティン帝国支配時代以後とする説とがある。いずれにせよ、19世紀まで保持されてきたが、資本主義的生産形態の浸透と土地不足によって19世紀以後急速に衰退する。しかし、当時のスラブ諸国は密告制の奨励のため、ザドルーガを法的に保護しようとしたといわれる。[佐々木史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のザドルーガの言及

【家族】より

…(3)複合家族制compound family 複数の既婚子が親と同居している多人数の家族で,父の死亡を契機として,既婚子夫婦ごとに分裂する傾向があり,拡大と分裂をくり返す。インドの高級カーストの合同家族joint family,中国貴紳階級の家父長家族,中東諸国の大家族,バルカン僻地(へきち)のザドルーガzadrugaなどにみられた。 家族形成のパターンは時代を越えて保持される傾向がある反面,構成の単純なパターンへ切り換えられていく面もある。…

【集落】より

…飛驒の白川村,越中の五箇山の大家族制に裏付けされた合掌造の族縁関係の強い集落は,第2次大戦後は民法が改正され戸主制度が廃止されたことと家屋の建築の様式の変化とによって急速に消滅への道をたどっている。バルカン山中の長老ゴスポダールgospodarのもとに共同祖先から出た部族的共同生活を営むザドルーガzadrugaもこの種のものである。また,アイルランドのクラッヘンも同族によって構成されている場合が多い。…

【バルカン】より

…バルカン社会の共通性は生活様式,風俗習慣,精神文化と物質文化の諸領域に見いだされ,それは言語生活の領域にまで及んでいる。 まず生活様式の基本にある家族制度では,19世紀まで存続したセルビアのザドルーガzadrugaと呼ばれる大家族制度の例がよく知られているが,一般にバルカン諸地域の家族,氏族,氏族連合,部族のあり方には多くの類似性が指摘されており,中近世を通じて家父長的性格の強い大家族や部族が社会集団として機能しつづけたことがその特徴としてあげられる。また一つの村落が共通の祖先の名で呼ばれ,村落全体が擬制的な同族集団の形をとっていることもバルカンの村落の特徴とみなされている。…

※「ザドルーガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ザドルーガの関連キーワードセルビア人