コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーネン[種] ザーネン

百科事典マイペディアの解説

ザーネン[種]【ザーネン】

ヤギの一品種。スイス原産の乳用種。毛は短く白色。体高は雄80〜100cm,雌75〜85cm。乳量は年間800〜1000kg。日本で飼われるヤギは,日本の在来種(九州,沖縄にいる肉用種)をザーネンの雄で改良した日本ザーネンが大部分。これは年間乳量が400〜500kgで,毛色は白。
→関連項目ヤギ(山羊)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のザーネン[種]の言及

【ヤギ(山羊)】より

…このような特性から傾斜地の多い地方,未開発の僻地(へきち)などに多く飼われており,多目的に利用されているので品種の数も多い。
[品種]
 乳用種としてはヨーロッパ系の改良種が多く,スイス原産のザーネン種Saanen(イラスト)(白色,無角),トッゲンブルグ種Toggenburg(チョコレート色に白徴,有角),イギリス原産のアングロ・ヌビアン種Anglo‐Nubian(無角,垂耳,毛色は多様)が有名である。〈貧農の乳牛〉とも呼ばれ,小規模経営の農家の自家用乳生産に主として用いられているが,ヤギ乳を原料とするチーズもフランス,スイス,イタリアには多い。…

※「ザーネン[種]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android