コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザール炭田 ザールタンデン

3件 の用語解説(ザール炭田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ザール‐たんでん【ザール炭田】

ザールラントにある炭田。良質な石炭を豊富に埋蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ザールたんでん【ザール炭田 Saar】

ドイツのフランスとの国境近くにある炭田。フランスのロレーヌ地区の炭田と同じ地質で連絡し,東西80km,南北12~20kmの細長い範囲で,面積はザール側450km2,ロレーヌ側290km2である。夾炭層は石炭紀と二畳紀に介在し,炭質は歴青炭ないし無煙炭。埋蔵量は28億tといわれ,ルール炭田とならぶ有数の炭田である。ザールラント【大橋 脩作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザール炭田
ざーるたんでん
Saar Kohlenfeld

ドイツとフランスの国境に位置し、フランスのロレーヌ炭田と連続しているドイツの炭田。面積約350平方キロメートル。層厚0.6~2.5メートルの多数の炭層を含む夾炭(きょうたん)層は、内陸性の堆積(たいせき)を示し、上部石炭紀とペルム紀(二畳紀)下部に属する。炭質は一般瀝青炭(れきせいたん)で、埋蔵炭量約20億トン、年出炭量752万トン(1998)。現在の採掘深度は600~1200メートル。第二次世界大戦後一時フランスに統合されたが、その後ドイツに帰属した。[木下重教・樋口澄志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のザール炭田の言及

【ザールラント】より

…人口は108万4000(1995)。ザールSaar地方ともよばれる。
[地理]
 ザール川,ナーエNahe川山地の一部に属し,ライン粘板岩山地とロートリンゲンの地層段丘との間に位置し,多様な地形をもつ。…

【ザールラント】より

…さらに近年金属加工業や電気機械工業,化学工業も新たな発展を示している。ザール炭田【川本 和良】。…

※「ザール炭田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザール炭田の関連キーワードアーヘンストラスブールロレーヌフィゲラス恰克図ザールラント西部戦線エスキプーラスノモンハン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone