コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン中毒

2件 の用語解説(シアン中毒の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

シアン中毒

 シアン化カリウムシアン化ナトリウムなど,シアンによる中毒で,急性中毒は,呼吸促進,心悸亢進,痙攣などを起こして死に至る.シアン生成配糖体などを含む食品を摂取したときにも弱い中毒症を起こすことがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しあんちゅうどく【シアン中毒 Cyanide Poisoning】

[どんな病気か]
 シアン(青酸化合物(せいさんかごうぶつ))は、酸素を運ぶ血液のはたらきを阻害し、窒息(ちっそく)させます。
 輸入穀類や果物の燻蒸(くんじょう)、金属のメッキアクリル樹脂や繊維の製造などに使用されています。たいていは、これらの職業に従事する人に中毒がおこります。
 家庭では、火事でアクリル繊維や樹脂、ポリウレタンナイロンなどが燃える際に出るシアン化水素(青酸ガス)を吸い込んだときにおこります。
 1984年に「グリコ・森永事件」で犯人がチョコレートに混入させた青酸カリも、このシアンの一種です。
[治療]
 口うつしの人工呼吸を行なってはいけません。
 人工呼吸、100%酸素の吸入と同時に、亜硝酸(あしょうさん)アミル、チオ硫酸(りゅうさん)ナトリウムなどの拮抗薬(きっこうやく)を使用します。心停止(しんていし)がおこっていなければ、たいていはこの治療で救命できます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

シアン中毒の関連キーワード過酸化物酸化剤シアン化物青酸青酸カリ青酸中毒無機化合物高エネルギー燐酸化合物熱酸化ヒ素化合物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone