コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン中毒

家庭医学館の解説

しあんちゅうどく【シアン中毒 Cyanide Poisoning】

[どんな病気か]
 シアン(青酸化合物(せいさんかごうぶつ))は、酸素を運ぶ血液のはたらきを阻害し、窒息(ちっそく)させます。
 輸入穀類や果物の燻蒸(くんじょう)、金属のメッキ、アクリル樹脂や繊維の製造などに使用されています。たいていは、これらの職業に従事する人に中毒がおこります。
 家庭では、火事でアクリル繊維や樹脂、ポリウレタン、ナイロンなどが燃える際に出るシアン化水素(青酸ガス)を吸い込んだときにおこります。
 1984年に「グリコ・森永事件」で犯人がチョコレートに混入させた青酸カリも、このシアンの一種です。
[治療]
 口うつしの人工呼吸を行なってはいけません。
 人工呼吸、100%酸素の吸入と同時に、亜硝酸(あしょうさん)アミル、チオ硫酸(りゅうさん)ナトリウムなどの拮抗薬(きっこうやく)を使用します。心停止(しんていし)がおこっていなければ、たいていはこの治療で救命できます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

シアン中毒の関連キーワード化学兵器による中毒ニトログリセリン高圧酸素療法