コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェルフォード シェルフォード Shelford, Victor Ernest

3件 の用語解説(シェルフォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェルフォード
シェルフォード
Shelford, Victor Ernest

[生]1877.9.22. ニューヨーク,チェマング
[没]1968.12.27.
アメリカの動物学者,生態学者。シカゴ大学卒業。 1916年,アメリカ生態学会の初代会長。イリノイ大学教授 (1927~46) 。 33年より,動物群集の個体数変動と環境変化との間の相関について研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シェルフォード【Victor Ernest Shelford】

1877‐1968
アメリカの生態学者。ニューヨーク州生れ。長くイリノイ大学教授を務め,アメリカ生態学会初代会長でもあった。初期には植物の遷移に伴う甲虫や魚の分布の変化を研究し,環境と生物との相互関係を強調し,また恒温恒湿器を用いて昆虫の成長・生存と温湿度との関係をしらべ,これから分布や発生量の変化を予測しようとした。これらの研究をもとに《実験室と野外の生態学Laboratory and Field Ecology》(1929)などを著し,いわゆる個生態学の発展につくしたが,後期には生物群集内の種間相互関係を強調するようになり,植物学者F.E.クレメンツとともにこの立場に立った著書《生物生態学Bio‐ecology》(1939)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェルフォード
しぇるふぉーど
Victor Ernest Shelford
(1877―1968)

アメリカの生態学者。ニューヨーク州生まれ。シカゴ大学を卒業、イリノイ大学で教授を務め(1927~1946)、アメリカ生態学会の初代会長ともなった。初期は動物生態学者として昆虫や水生動物の分布や時間変化を研究したが、その方法は、生物の進化や適応の問題よりも、環境条件に対する生理的反応に注目したものであった。のちに植物の遷移説を確立したアメリカのF・E・クレメンツとの共著『生物生態学』Bio-ecology(1939)を刊行し、生態系における動物と植物とを総合する生物群集(バイオーム)の概念を提唱した。生態学を実証的な研究に導いたとされる。[大林雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシェルフォードの言及

【生態系】より

…こうした考え方は,アメリカのクレメンツF.E.Clementsによりさらに発展させられた。植物生態学者であるクレメンツは,1930年ころから動物生態学者であるシェルフォードV.E.Shelfordとの共同研究で,動植物を分離しない〈生物生態学〉という新しい生態学の分野を開拓した。彼らは生物共同体の地域的な単位をバイオームbiomeと名づけ,それはあたかも生物の個体と同じような高度の有機体と考えた。…

【生物群集】より

…こうした具体的な生物と生物との間の食う食われるの関係を連ねてみると,そこに食物連鎖food chainができあがる。 食物連鎖図のかかれた最初は,1913年のV.E.シェルフォードによるアメリカ合衆国イリノイ温帯草原についてのものといわれ,一方,日本での食物連鎖図の最初は,可児藤吉(1908‐44)が1938年にかいた水生昆虫を中心とする渓流生物についてのものだろう。ちなみに芸術作品には,もっと古い時期から食物連鎖をあらわしたものがあって,例えば《ガリバー旅行記》の著者のスウィフトには〈ノミの体にゃ血を吸う小さいノミ,小さいノミにはその血を吸う細っかいノミ,こうして無限に続いてる〉という詩があるし,16世紀フランドルの画家大ブリューゲルの作《大きい魚は小さい魚を食う》は,つとに有名である。…

※「シェルフォード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェルフォードの関連キーワードオダムニューヨークシティハーフマラソンニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパカズヨナカノニューヨーク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone