コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカクイ(四角藺) シカクイEleocharis wichurai; spike rush

1件 の用語解説(シカクイ(四角藺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカクイ(四角藺)
シカクイ
Eleocharis wichurai; spike rush

カヤツリグサ科の多年草アジア東部の温帯から暖帯にかけて分布し,山麓の日当りのよい湿地に群生する。茎は多数叢生し,高さ 30cmほどになり,4稜形で緑色,基部は黒褐色の鞘でおおわれる。秋に,茎の頂端に長さ 1cmほどの,楕円形,黒紫色の穂をつける。外観はイグサに似ているが,花が茎の頂部につくので区別は容易である。茎の断面が四角形をなすのでこの和名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone