コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギゾウムシ シギゾウムシ Curculioninae

2件 の用語解説(シギゾウムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シギゾウムシ
シギゾウムシ
Curculioninae

鞘翅目ゾウムシ科シギゾウムシ亜科に属する甲虫の総称。体は卵形。頭部は半球形で吻は著しく長く伸び,体長を越えるものもある。この吻を使って穴を掘り,そこに細長い産卵管を差込んで卵を産むが,大型種では種子に,小型種ではナラ,ヤナギ類の虫 癭に産卵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シギゾウムシ
しぎぞうむし / 鷸象虫

昆虫綱甲虫目ゾウムシ科の1属Curculioの昆虫の総称。世界中で約500種、日本には52種が知られ、いずれも体は菱形(ひしがた)で細長い口吻(こうふん)をもち、大あごは上下に動く。雌は口吻で種子や虫こぶに孔(あな)をあけ、細長い産卵管を差し込み、卵を産み付ける。クリシギゾウムシはクリのいがの上から実(種子)へ産卵する害虫で、ツバキシギゾウムシは口吻が体より長く、ツバキの厚い果皮を通して中の種子へ産卵する。ナツグミシギゾウムシはナツグミの実に産卵して加害し、シイ類の実はシイシギゾウムシに加害される。[森本 桂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シギゾウムシの関連キーワードクリシギゾウムシ稲象虫栗鷸象虫鷸虫象虫豆象虫鷸象虫オサゾウムシシギゾウムシ(鴫象虫)ゾウムシ(象虫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone