コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シゲーレ シゲーレ Sighele, Scipio

2件 の用語解説(シゲーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シゲーレ
シゲーレ
Sighele, Scipio

[生]1868.6.24. ブレシア
[没]1913.10.21. フィレンツェ
イタリア社会心理学者。フランスの G.タルド,G.ル・ボンとともに社会心理学の開拓者とされる。ピサ大学教授。 E.フェリの門弟で,1892年に 24歳で『犯罪的群衆』 La folla delinquénteを著わして有名になり,以後,社会学,社会心理学,犯罪学の方面に多彩な研究を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シゲーレ
しげーれ
Scipio Sighele
(1868―1913)

イタリアの社会学者。ローマ大学で法学を学ぶ。しばらく犯罪人類学の創始者ロンブローゾに師事したことで、彼の運動の支持者であった。群集および犯罪心理学について多くの著書がある。犯罪社会学の開拓者の一人でもあり、発展に寄与したが、社会ダーウィン主義の影響を受け、暴力的、激情的、非合理的また被暗示的などの性格をもつ群集を正面から取り扱った。フランスの社会心理学者ル・ボンが『群集心理』(1895)を著し、自説の盗用と非難を加えたこともあるが、シゲーレの『犯罪的群集』は1891年に発刊されているので、この非難はあたらない。[鈴木幸寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シゲーレの関連キーワードエクレシアブレシアブレレンレシピブレッシア破れ障子アルナルド・ダ・ブレシアアブレシブ摩耗コレクトザローテーションオブレシーブサーブレシーブ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone