コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシラン シシラン Vittaria flexuosa

3件 の用語解説(シシランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシラン
シシラン
Vittaria flexuosa

シシラン科の常緑性シダ植物。日本,台湾,中国,インドシナ半島およびインドの北部に広く分布する。暖地の湿りけの多い山地の岩上や樹幹に着生し,垂下する。葉は 30cm前後に達し,葉身は線形で細長く,葉縁に沿って胞子嚢群をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シシラン【Vittaria flexuosa Fée】

樹幹や岩上に着生するシダ植物シシラン科の多年草イラスト)。姿が獅子(しし)のたてがみをおもわせるので,和名がついたのであろう。常緑性。根茎はやや短くはい,褐色の鱗片を密生する。葉はややこみあってつき,細長い単葉,全縁で,長さ50cmに達し,幅は4~7mm,革質,中肋の裏面は著しくもりあがる。葉脈は単条,先端は葉縁に平行な脈で連結される。胞子囊群は葉の裏面辺縁の長い溝の中にあり,葉縁が折れ曲がってかぶさる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシラン
ししらん / 獅子蘭
[学]Vittaria flexuosa Fe

シシラン科の常緑性シダ。イワヒモ、イワヒゲともいう。山中の岩石、樹幹に着生する。短い根茎から、細い線形でつやのある厚い革質の葉を密生する。長さ50センチメートル、幅4~7ミリメートル。中脈は裏側に著しく隆起し、葉縁に抱かれた溝の中に胞子嚢(のう)群が生じる。房総半島以西の暖地に分布する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シシランの関連キーワードシノブ(忍)棒蘭松葉蘭蜘蛛蘭高野苔忍獅子蘭ししん蘭瓔珞蘭ノキシノブタキミシダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シシランの関連情報