コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシラン Vittaria flexuosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシラン
Vittaria flexuosa

シシラン科の常緑性シダ植物。日本,台湾,中国,インドシナ半島およびインドの北部に広く分布する。暖地の湿りけの多い山地の岩上や樹幹に着生し,垂下する。葉は 30cm前後に達し,葉身は線形で細長く,葉縁に沿って胞子嚢群をもつ。日本産のシシランには本種のほかに,アマモシシラン,ナカミシシランなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シシラン【Vittaria flexuosa Fée】

樹幹や岩上に着生するシダ植物シシラン科の多年草(イラスト)。姿が獅子(しし)のたてがみをおもわせるので,和名がついたのであろう。常緑性。根茎はやや短くはい,褐色の鱗片を密生する。葉はややこみあってつき,細長い単葉,全縁で,長さ50cmに達し,幅は4~7mm,革質,中肋の裏面は著しくもりあがる。葉脈は単条,先端は葉縁に平行な脈で連結される。胞子囊群は葉の裏面辺縁の長い溝の中にあり,葉縁が折れ曲がってかぶさる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシラン
ししらん / 獅子蘭
[学]Vittaria flexuosa Fe

シシラン科の常緑性シダ。イワヒモ、イワヒゲともいう。山中の岩石、樹幹に着生する。短い根茎から、細い線形でつやのある厚い革質の葉を密生する。長さ50センチメートル、幅4~7ミリメートル。中脈は裏側に著しく隆起し、葉縁に抱かれた溝の中に胞子嚢(のう)群が生じる。房総半島以西の暖地に分布する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シシランの関連キーワードタキミシダ中実獅子蘭甘藻獅子蘭滝見羊歯前葉体獅子蘭西田岩鬚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android