コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバザクラ

百科事典マイペディアの解説

シバザクラ

ハナツメクサ,モスフロックスとも。北米原産のハナシノブ科の多年草。高さ約10cmで,基部は木化し,長さ1cmほどの線形葉をつける。よく分枝して地面をおおい,4〜5月,一面に花を開く。
→関連項目フロックス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シバザクラ【moss pink】

ハナシノブ科の多年草(イラスト)。北アメリカ東部,南部原産。ハナツメクサともいう。細かく分枝し,地をはうように密生して茂り,半灌木状となる。葉は長さ1.0~1.5cmで針状,密生する。硬質の常緑葉。4月ごろ,径1cmぐらいの5裂する高盆状小花を,株一面に群開してきわめて美しい。花色は多くは濃桃色であるが,白色,紅色,藤青色,絞りなどの品種もある。また斑入り葉(ふいりば)品種もある。近縁で茎が多少ともはう小型種にP.douglasii Hook.,P.amoena Sims.などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバザクラ

フロックス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シバザクラ
しばざくら / 芝桜
[学]Phlox subulata L.

ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針(ひしん)形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋(ようえき)または枝先に桃紅色で径約2センチメートルの5弁花が、茎葉を覆い隠すように咲く。花弁は倒心臓形で深い欠刻がある。萼片(がくへん)は針形。白色花のリットル・ドット、濃桃色花のライラック・クイン、覆輪のニシキバなど多くの園芸品種がある。花壇、石垣、ロッケリー、グリーンベルトなどに植栽、観賞する。繁殖は株分け、挿木による。挿木の場合は10月に15センチメートルくらいの挿穂をつくり、基部の3分の1を土中に埋める。耐寒性は強い。[猪股正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シバザクラの関連キーワードクサキョウチクトウ北海道網走郡大空町北海道紋別郡滝上町グラウンドカバー滝上(町)花爪草挿木

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シバザクラの関連情報