コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバンムシ(死番虫) シバンムシ

1件 の用語解説(シバンムシ(死番虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シバンムシ【シバンムシ(死番虫)】

甲虫目(鞘翅(しようし)類)のシバンムシAnobiidaeの総称名。この変わった名は英名のdeathwatch beetleのdeathwatchを死番と訳し,和名としたことによる。世界から約1200種,日本から約40種が知られる。体長2~6mmのものが多い。体は円筒形で頭部は下を向く。触角はしばしば鋸歯状や櫛歯(くしば)状となる。危険を感ずると触角や胸脚をたたみこんで擬死をする。成虫,幼虫ともに主として乾いた植物質を食するため害虫として知られるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シバンムシ(死番虫)の関連キーワード鞘翅類甲虫猿葉虫埋葬虫死番虫歩行虫小判虫標本虫カクムネヒラタムシタバコシバンムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone