コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバンムシ(死番虫) シバンムシ

世界大百科事典 第2版の解説

シバンムシ【シバンムシ(死番虫)】

甲虫目(鞘翅(しようし)類)のシバンムシ科Anobiidaeの総称名。この変わった名は英名のdeathwatch beetleのdeathwatchを死番と訳し,和名としたことによる。世界から約1200種,日本から約40種が知られる。体長2~6mmのものが多い。体は円筒形で頭部は下を向く。触角はしばしば鋸歯状や櫛歯(くしば)状となる。危険を感ずると触角や胸脚をたたみこんで擬死をする。成虫,幼虫ともに主として乾いた植物質を食するため害虫として知られるものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android