コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフゾウ シフゾウ Elaphurus davidianus; Père David's deer

3件 の用語解説(シフゾウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフゾウ
シフゾウ
Elaphurus davidianus; Père David's deer

偶蹄目シカ科。体高約 1.2m,体重 150~200kg。体毛は,夏は赤褐色,冬は灰褐色で毛がやや長くなる。背に黒色線が1本走る。角は 80cmほどもあり,特殊な形に枝分れしている。蹄 (ひづめ) はウシに,頭はウマに,角はシカに,からだつきはロバにそれぞれ似ているが,そのどれでもないという意味でシフゾウ (四不像) と名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シフゾウ

偶蹄(ぐうてい)目シカ科。頭はウマ(一説にはラクダ),体はロバ,ひづめはウシ,角はシカに似るが,そのどれでもないことから四不像の名がある。肩高1.2m,尾40cm,角長80cmほど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シフゾウ
しふぞう / 四不像
Pre David's deer
[学]Elaphurus davidianus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。中国原産の大形ジカの一種で、体長1.5メートル、体高1.15メートル、体重150~200キログラムに達する。体のわりに長大な頭部、たくましい頸(くび)をしたシカで、短い尾しかないシカ類のなかでは、先端に長毛を生やした飛節(後肢の膝(ひざ)に相当する部位)に達する長い尾をもつことも変わっている。ひづめはトナカイのように大きくて広く開き、側蹄も長い。よく発達した眼下腺(がんかせん)をもち、3枝の長大な角(つの)を生ずる。大きなひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、体はロバに似ているが、そのどれでもない、というのが「四不像」の名の由来である。毛色は、夏毛は黄褐色で、冬毛は灰褐色。成体に白斑(はくはん)はないが、子にはかすかにみられる。中国の北部や中央部の沼沢地に生息したとみられるが、1865年にフランスの宣教師A・ダビッドArmand David(1826―1900)が、北京(ペキン)の南苑(なんえん)に飼育中のものを発見したころは、野生種は絶滅したとみられていた。しかし、19世紀末ごろまでは生存したとの意見もある。南苑の群れはその後の洪水や義和団事件のため全滅したが、それ以前にイギリスのベッドフォード公爵家の庭園に搬出された個体群により繁殖が続けられ、1980年代初めには世界中の動物園で1000頭以上が飼育されるまでになった。1985年から飼育下のシフゾウの一部を中国の野生地に戻そうという運動が行われ、2006年時点で約950頭まで回復した。妊娠期間250日、1産1子、寿命約20年である。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シフゾウの関連キーワードアクシスジカトナカイワピチシカ(鹿)アメリカヌマジカクチジロジカスイロク(水鹿)プーズーヘラジカ(篦鹿)ホッグジカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シフゾウの関連情報