コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝) シマメノウフネガイ Crepidula onyx

1件 の用語解説(シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シマメノウフネガイ【シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝) Crepidula onyx】

カリバガサガイ科の巻貝。殻は長さ3cm,幅2.5cm,高さ1cmくらいになる。低くて平らな楕円形で,巻きは後端による。殻表は紫褐色で褐色の皮をかむり,内面は濃紫褐色で白色の薄い板が後半にある。潮間帯下より水深20mくらいのところにすむサザエ,アカニシ,ボウシュウボラナガニシの殻や,ヤドカリの入った主として巻貝の殻の上に付着する。北アメリカ西岸原産であるが,1968年夏に東京湾口の金田湾で最初に発見され,急速に太平洋岸を北は小名浜,南は九州まで広がり,日本にすみついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝)の関連キーワードウバガイ朝顔貝笠貝蟹守貝錐貝揚巻貝泡舟貝象貝逆巻貝瑠璃貝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone