コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝) シマメノウフネガイCrepidula onyx

1件 の用語解説(シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シマメノウフネガイ【シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝) Crepidula onyx】

カリバガサガイ科の巻貝。殻は長さ3cm,幅2.5cm,高さ1cmくらいになる。低くて平らな楕円形で,巻きは後端による。殻表は紫褐色で褐色の皮をかむり,内面は濃紫褐色で白色の薄い板が後半にある。潮間帯下より水深20mくらいのところにすむサザエ,アカニシ,ボウシュウボラナガニシの殻や,ヤドカリの入った主として巻貝の殻の上に付着する。北アメリカ西岸原産であるが,1968年夏に東京湾口の金田湾で最初に発見され,急速に太平洋岸を北は小名浜,南は九州まで広がり,日本にすみついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝)の関連キーワードアゲマキガイウミニナスガイ検地竿ネピアグラス浅間山ラジオ波熱凝固療法肝がん鉢のサイズアカウニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone