コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガニシ ナガニシ Fusinus perplexus

3件 の用語解説(ナガニシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガニシ
ナガニシ
Fusinus perplexus

軟体動物門腹足綱イトマキボラ科。殻高 14cm,殻径 4.5cmに達する。殻は長紡錘形,螺塔は高く,螺層はよくふくらみ,水管嘴は細く長く伸びる。殻表は白色で,黄色のビロード様の殻皮をかぶる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナガニシ

イトマキボラ科の巻貝。高さ14cm,幅4cmほどの長紡錘形。殻は白色で,黄色のビロード様殻皮でおおわれる。軟体は紅色。房総半島以南の浅海の砂底に多い。産卵期は夏。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガニシ
ながにし / 長辛螺
spindle shell
[学]Fusinus perplexus

軟体動物門腹足綱イトマキボラ科の巻き貝北海道南部以南、九州までに分布し、水深10~50メートルの砂泥底にすむ。殻高14センチメートル、殻径4.5センチメートルに達し、長い紡錘形である。螺塔(らとう)は高く螺層は10階。殻表は白色で多くの細かい肋(ろく)を巡らし、藁(わら)色のビロード状の殻皮をかぶる。また、上方の螺層では縦肋が著しい。殻口は卵形で内側は白色、水管溝が下方に長く伸びる。軟体は紅色を帯びる。また、卵嚢(らんのう)は革質の軍配形で、サカサホオズキとよばれる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガニシの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母長螺磯粟餅糸巻法螺千歳法螺軟体類

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナガニシの関連情報