コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガニシ(英語表記)Fusinus perplexus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガニシ
Fusinus perplexus

軟体動物門腹足綱イトマキボラ科。高 14cm,殻径 4.5cmに達する。殻は長紡錘形,塔は高く,螺層はよくふくらみ,水管嘴は細く長く伸びる。殻表は白色で,黄色のビロード様の殻皮をかぶる。また多くの細い螺肋があり,特に螺層の上方では縦肋が発達している。周縁の角や縦肋の強さなどは著しく変異に富む。殻口は卵形。軟体は紅色。北海道南部から九州までの水深 10~50mの細砂泥底にすむ。日本海岸には小型で縦肋の弱いコナガニシが分布する。この種類は生きているときはカイメンに厚くおおわれている特徴がある。卵嚢革質の軍配形でさかさほおずきといい,いわゆる海ほおずきとして殻とともに玩具にされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナガニシ

イトマキボラ科の巻貝。高さ14cm,幅4cmほどの長紡錘形。殻は白色で,黄色のビロード様殻皮でおおわれる。軟体は紅色。房総半島以南の浅海の砂底に多い。産卵期は夏。卵嚢は黄白色,革質で,サカサホオズキと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガニシ
ながにし / 長辛螺
spindle shell
[学]Fusinus perplexus

軟体動物門腹足綱イトマキボラ科の巻き貝。北海道南部以南、九州までに分布し、水深10~50メートルの砂泥底にすむ。殻高14センチメートル、殻径4.5センチメートルに達し、長い紡錘形である。螺塔(らとう)は高く螺層は10階。殻表は白色で多くの細かい肋(ろく)を巡らし、藁(わら)色のビロード状の殻皮をかぶる。また、上方の螺層では縦肋が著しい。殻口は卵形で内側は白色、水管溝が下方に長く伸びる。軟体は紅色を帯びる。また、卵嚢(らんのう)は革質の軍配形で、サカサホオズキとよばれる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android