コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウシュウボラ Charonia sauliae; Saul's triton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウシュウボラ
Charonia sauliae; Saul's triton

軟体動物門腹足綱フジツガイ科。高 22cm,殻径 10cm。殻は大型の紡錘形で,厚くて堅固。殻頂部は紅色。殻表には細い螺肋のほか大きな結節粒列があり (体層では8列) ,黄褐色の地に黒褐色斑帯がある。殻口は卵形で大きく,短い水管嘴が下方に伸びる。内面白色。外唇縁に歯状の刻みがあり,黒褐色斑列で縁どられる。ふたは革質で厚く,黒褐色。軟体の足は黄色地に橙色斑があり,触角の先には黒色帯がある。房総半島から沖縄まで分布し,潮間帯より水深 200mの岩礫底にすんでヒトデ類を食べている。水深 50m以深にすむものは,やや小型で色彩が淡く,結節も弱く,ナンカイボラと呼ばれることもある。 12月~2月に乳頭状の透明な卵嚢を多数房状に産むが,この卵嚢をとっくりほおずきと呼ぶ。肉は食用に,殻は貝細工の材料に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウシュウボラ
ぼうしゅうぼら / 房州法螺
Saul's trumpet shell
[学]Charonia sauliae

軟体動物門腹足綱フジツガイ科の巻き貝。房総半島から九州、沖縄までに分布し、潮間帯下の岩礁にすむ。イセエビの刺網などにかかる。殻高22センチメートル、殻径10センチメートルに達する大形種。螺塔(らとう)は高い円錐(えんすい)形で、螺層は11階で殻頂部は紅色。殻表に細い螺肋(らろく)のほかに、結節瘤(りゅう)のある太い螺肋が周縁にあり、体層ではその太い螺肋が8列ある。殻口は大きく卵形。外唇は厚くなって開き、内面は白色。外唇縁で歯状のしわを生じ、そこは黒褐色斑(はん)となる。蓋(ふた)は黒褐色の革質で、核は下方に寄る。軟体の足部は亜方形で黄色く橙(とう)色斑があり、触角の先のほうに黒色の帯がある。肉食性で、ヒトデやウニを食べる。産卵期は12月から翌年2月で、長さ20ミリメートル、幅5.5ミリメートルぐらいの乳頭状の透明な卵嚢(らんのう)を多数産む。この卵嚢はトックリホオズキとよばれる。卵はオレンジ色で、多数入っている。本種の肉は食用とされ、殻は貝細工の材料となる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボウシュウボラの関連キーワードシマメノウフネガイ(縞瑪瑙船貝)トックリホオズキヨコスジヤドカリオニヤドカリウミホオズキ海ほおずきホラガイフグ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android