コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲマキガイ アゲマキガイ Sinonovacula constricta

3件 の用語解説(アゲマキガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゲマキガイ
アゲマキガイ
Sinonovacula constricta

軟体動物門二枚貝綱ナタマメガイ科。別名鎮台貝。殻長 10cm,殻高 3cm,殻幅 2.3cm。殻は前後に細長く,左右にやや平たい。前後両端は丸くて両殻の間は開いている。殻表はわら色のあらい殻皮でおおわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アゲマキガイ

ナタマメガイ科の二枚貝。前後に長く,殻の高さ3cm,長さ10cm,幅2.3cm,殻表は淡黄白色。殻の前後両端は少し開いている。中国,朝鮮半島,日本では有明海などの内湾に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゲマキガイ
あげまきがい / 揚巻貝
[学]Sinonovacula constricta

軟体動物門二枚貝綱ナタマメガイ科の食用二枚貝。日本では九州の有明海が主産地で、瀬戸内海の一部などにも産する。朝鮮半島や中国沿岸にも分布し、塩分の少ない内湾の潮間帯泥底にすむ。殻長70ミリメートル、殻高25ミリメートルぐらいで、横長の長方形。前後端は丸みがあり開いている。殻質は薄くてもろい。殻頂は前方3分の1付近にあり、そこから腹縁に向かって浅い溝が走る。殻は白亜質であるが、比較的厚い黄色の殻皮をかぶり、後方では多少よれたようなしわができる。また老成貝では殻皮はむしろ黒褐色を呈している。軟体は淡黄色で、くさび状の足が前端からでて、後端からは入水管と出水管に分かれた水管がでる。この点、入水管と出水管が癒着したマテガイ類と異なり、潜入した所には穴が二つできる。泥底の30~60センチメートルぐらいの深さに潜って生活する。産卵期は10月から翌年の2月に及び、1年では殻長70ミリメートル、2年で90ミリメートルぐらいに成長する。もともと有明海を中心とした九州方面では重用されていたが、最近は都市にも進出し、主として干潟から掘りとられ市場に現れる。[奥谷喬司]

料理

むき身にすると形が武装した人にみえるというので、兵隊貝という俗称があった。一晩水に浸し、ゆでて貝を外し、料理する。フライ、煮物、汁の実、酢みそ和(あ)えなど、用途は広い。有明海(ありあけかい)近くでは佃煮(つくだに)、粕(かす)漬けにしたものを土産(みやげ)品として売っている。現代の味としては、ゆでたアゲマキにスパゲッティを加え、クリームソース和えにした料理がある。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アゲマキガイの関連キーワード軟体動物二枚貝類ミルガイ磯貝二枚貝揚巻貝鴎貝玉貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone