コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミニナ Batillaria multiformis; mud creeper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミニナ
Batillaria multiformis; mud creeper

軟体動物門腹足綱ウミニナ科。長 3cm,殻径 1.3cm。殻は厚質堅固,高円錐形で螺層は8階。殻表には石畳状に黒色斑のある螺肋があるが,縫合の下に白色帯のあるものや縦肋のあるものもあり,個体変異が著しい。殻口は半円形,内唇に白い滑層がある。ふたは円形で薄く,褐色を帯び,核は中央にあって多く巻く。本州から九州,朝鮮半島,中国の内湾干潟の砂礫底に普通にみられる。ホソウミニナ B. cumingiiは本種に似るが細く,北海道以南に分布する。九州から沖縄の同様の環境には近似種のリュウキュウウミニナ B.flectosiphonataが分布し,水管が左後方に曲ることと,強い縦肋を有することで区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミニナ

ウミニナ科の巻貝。高い円錐形で,8階ほど巻く。高さ3cm,幅1.3cm,殻表は石畳状。白色帯をもつものもある。本州〜九州,台湾までの内湾の潮間帯の砂礫(されき)底に普通。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミニナ
うみにな / 海蜷
mud creeper
[学]Batillaria multiformis

軟体動物門腹足綱ウミニナ科の巻き貝。本州、四国、九州から台湾および朝鮮半島、中国沿岸に分布し、内湾の潮間帯の小石のある砂泥底に普通にみられる。殻高30ミリメートル、殻径13ミリメートルぐらいの高い円錐(えんすい)形をしている。螺層(らそう)は8階ほどあり、殻質は厚く堅固であるが、殻頂部は侵食されて欠けている個体が多い。殻表は小さな黒点の並んだ帯があり石畳状になっているが、縫合下に白色帯がある個体や、縦肋(じゅうろく)が明らかな個体など、形態差異はきわめて大きい。殻口は半円形で黒く、内唇には白色の滑層がこぶ状に発達している。蓋(ふた)は円形で薄く褐色を帯び多旋形である。雑食性で海藻にも群がって食べる。満潮時は砂の中に潜ってじっとしているが、干潮になると砂からはい出し、20~30分間摂餌(せつじ)行動を続け、終わると蓋を利用して砂を掘って潜る。卵は寒天質で紐(ひも)状の塊にして泥の中に産む。近縁種のホソウミニナB. cumingiiはいくぶん外海的環境の砂礫(されき)底を好む。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウミニナの関連キーワードウミニナ(海蜷)五領ヶ台貝塚ニナ(貝類)センニンガイキバウミニナヘナタリガイビカリエラ太辺奈太利出水貝塚ヘナタリ糸掛甲香ビカリヤビカリア辺奈太利疣海蜷牙海蜷太甲香黒甲香仙人貝細海蜷

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android