コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムルー島 シムルートウ

2件 の用語解説(シムルー島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シムルー‐とう〔‐タウ〕【シムルー島】

Pulau Simeulue》インドネシア、スマトラ島北部西岸の沖合約150キロメートルに浮かぶ島。大部分を密林に覆われ、周囲をサンゴ礁に囲まれる。2004年と2005年に発生したスマトラ沖地震の震源に近く、地震発生直後に津波が押し寄せた。シムルエ島。シムル島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シムルー島
しむるーとう
Pulau Simeulu

インドネシア、スマトラ島西岸沖に並行する列島の北端にある島。北西から南東方向に細長く、長さ約87キロメートル、幅約23キロメートル、面積1769平方キロメートル。全島密林に覆われ、周囲はサンゴ礁が発達している。住民はニアス人と先住民との混血が大部分で、漁業を営み、野生のスイギュウを飼育する。農産物はほとんどない。集落は沿岸部に立地し、南部のシナバンSinabangが中心集落である。行政上はスマトラ島のナングロ・アチェー・ダルサラム州に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シムルー島の関連キーワードインド綿ツインインイン型インク壺インストインハイイン博東インドうるわしのやしの島レインレイン・ボウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone