コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムルー島 シムルートウ

デジタル大辞泉の解説

シムルー‐とう〔‐タウ〕【シムルー島】

Pulau Simeulue》インドネシア、スマトラ島北部西岸の沖合約150キロメートルに浮かぶ島。大部分を密林に覆われ、周囲をサンゴ礁に囲まれる。2004年と2005年に発生したスマトラ沖地震の震源に近く、地震発生直後に津波が押し寄せた。シムルエ島。シムル島。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シムルー島
しむるーとう
Pulau Simeulu

インドネシア、スマトラ島西岸沖に並行する列島の北端にある島。北西から南東方向に細長く、長さ約87キロメートル、幅約23キロメートル、面積1769平方キロメートル。全島密林に覆われ、周囲はサンゴ礁が発達している。住民はニアス人と先住民との混血が大部分で、漁業を営み、野生のスイギュウを飼育する。農産物はほとんどない。集落は沿岸部に立地し、南部のシナバンSinabangが中心集落である。行政上はスマトラ島のナングロ・アチェー・ダルサラム州に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シムルー島の関連キーワードバニャク諸島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シムルー島の関連情報