シャウプ カール(英語表記)Shoup Carl Summer

20世紀日本人名事典の解説

シャウプ カール
Shoup Carl Summer

07の財政学者,租税学者 元・コロンビア大学教授;元・国際財政学会会長。



国籍
アメリカ

生年
1902年10月26日

没年
2000年3月23日

出生地
カリフォルニア州サンホセ

学歴〔年〕
スタンフォード大学卒

学位〔年〕
経済学博士(コロンビア大学)〔’30年〕

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章(日本)〔’89年〕

経歴
1928年コロンビア大学講師となり、助教授を経て、’45〜71年教授、租税を中心とする財政学の講義を担当した。この間、’37年米国財務省の租税顧問、’46年同調査顧問となり、’49〜50年税制使節団を率い団長として来日。日本国内を4ケ月かけて実地調査し、マッカーサー日本占領軍総司令官に税制改革に関する勧告書「日本税制報告書(シャウプ勧告)」を提出、税の負担の公平と資本価値の保全を主眼に、直接税中心主義の確立、申告納税制度の拡充、資産再評価の実施など広範な改革案を提言し、その内容は’50年の日本の税制改正で大幅に取り入れられた。’50年から3年間は国際財政学会会長を務め、国連の税制顧問としても活動。また米国租税協会会長のほか、ベネズエラ、リベリアの税制調査団長を務め、内外の税制改革に貢献した。著書に「インフレ防止のための税制」「財政学」「国民所得分析の原理」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android