コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャチホコガ シャチホコガ Stauropus fagi

4件 の用語解説(シャチホコガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャチホコガ
シャチホコガ
Stauropus fagi

鱗翅目シャチホコガ科。前翅長 24~31mm。体は比較的太く長い。触角は雄では櫛状,雌では糸状。前翅は細長く,表面は暗灰色地に黒点と白点がある。後翅は丸く,暗褐色。幼虫は特異な体形でシャチホコムシといい,カエデ,ハギ,サクラクヌギヤナギなどの葉を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャチホコガ

鱗翅(りんし)目シャチホコガ科の1種,または同科の総称。前者は開張55mm内外,暗褐色で紫を帯びる。幼虫はサクラ,ナシなど落葉広葉樹の葉を食べ,脚が異様に長く,腹端がふくれ,敵が近づくと腹端と頭をあげ脚を振って威嚇する姿を鯱鉾(しゃちほこ)にたとえこの名を生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャチホコガ【Stauropus fagi】

鱗翅目シャチホコガ科の昆虫(イラスト)。幼虫が特異な姿態を示す。幼虫の3対の胸脚のうち,中・後胸の2対が異常に長く発達し,静止時には胸部と尾端部をもち上げて強く背方にそらせるので,これを城郭の棟の装飾に使う鯱(しやちほこ)に見たててこの名がある。成虫は開張約5.5cm内外。紫灰色でやや赤褐色を帯びる。ユーラシア大陸に分布,日本にもふつうに産し,年2回,4~6月および7~9月に現れる。ケヤキ,カエデ,サクラなど各種の広葉樹につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャチホコガ
しゃちほこが / 鯱鉾蛾
the lobster moth

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャチホコガ科の昆虫の総称またはそのなかの1種。シャチホコガStauropus fagiは、ユーラシア大陸に産し、日本では北海道から九州までの全土に普通に分布する。はねの開張は55ミリメートル内外。体は太く、前翅は暗い紫灰色で、前縁部に黄白色の模様があり、この部分はガがはねを閉じて静止したとき前翅の下に隠れず、外に現れる。幼虫は鱗翅目の幼虫では珍しく奇異な形態をしており、中胸部と後胸部の肢(あし)は異常に長く発達し、静止時には頭胸部を強く背方に反らせ、胸を上方に向けて畳み、尾端を背面に持ち上げる姿態をとる。この姿を城郭の棟飾りに用いるシャチホコに見立てて、シャチホコムシと俗称されたのが和名の起源である。ヨーロッパではこの姿をエビに見立てて、ロブスターモスlobster mothとよぶ。幼虫は山林の各種の落葉広葉樹につき、ケヤキ、カエデなどによくみられる。年二化性で、蛹(さなぎ)で越冬し、5~6月と8月ごろにガが発生する。
 シャチホコガ科には、中形から大形のガが多く、世界には1000種以上知られ、温帯から熱帯の森林地帯に多い。日本には約120種がすむ。色彩や斑紋(はんもん)は属、種によって多彩である。成虫の口吻(こうふん)は退化していることが多く、花や樹液には集まらない。幼虫の形態も多様で、緑色のイモムシ状を呈する場合が多いが、背面の種々の部位に突起や突起列の発達しているもの、尾端の腹脚が退化したり、これと反対に尾脚が長い管状の1対の突起に置き換わったものもある。しかし、前記のシャチホコガのように、中脚と後脚が特化した種は、本科のなかでもわずかである。幼虫はほとんど樹木につき、種ごとに特定の植物を食べる場合が多い。日本のような温帯地域では落葉広葉樹につく種が大半である。ブナにつくブナアオシャチホコは、しばしばブナ林に大害を与え、ヤナギ類につくセグロシャチホコ、ポプラにつくヒナシャチホコ、サクラを食うモンクロシャチホコなどは害虫として著名。シャチホコガ科を古い書物では「天社蛾科」と記していることがあり、中国では現在「舟蛾科」とよんでいる。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャチホコガの関連キーワード鯨に鯱尺蛾鯱瓦鯱張る鯱蛾・天社蛾鯱蛾モンクロシャチホコしゃちほこシャクガ(尺蛾)モクメシャチホコ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone