シャムイトヨリ(読み)しゃむいとより(英語表記)notchedfin threadfin bream

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャムイトヨリ
しゃむいとより / 暹羅糸撚
notchedfin threadfin bream
[学]Nemipterus peronii

硬骨魚綱スズキ目イトヨリダイ科に属する海水魚。南西諸島、台湾、タイランド湾、南シナ海など西太平洋、東インド洋に分布する。体は長紡錘形でやや側扁(そくへん)する。体長は体高の3.1~4.1倍。目は吻端(ふんたん)と胸びれの基底上端を結ぶ線より上にある。頭頂部の鱗(うろこ)は眼窩(がんか)の後方からくさび形に眼窩の中央部付近まで伸びる。頬(ほお)の鱗は3列。背びれ棘(きょく)部の鰭膜(きまく)は深く切れ込む。尾びれは深く二叉(にさ)し、両葉の先端はとがり、上葉は糸状に伸びないが、下葉よりもわずかに長い。胸びれは短く、肛門(こうもん)まで達しないが、腹びれは肛門まで伸びる。最大の体長は約27センチメートルで、普通は17センチメートルほど。体は背側面では桃色で、背面に7~8本の不明瞭(ふめいりょう)な暗桃色の鞍掛斑(くらかけはん)があり、それぞれは側線の直下まで伸びる。体の腹側面は銀白色で、各鱗列(りんれつ)に沿って黄金色の水平線が走る。側線の始部の下に不明瞭な淡赤色斑がある。吻に黄金色の縞(しま)模様があり、両鼻孔(びこう)まで伸びる。背びれは淡桃色で、背びれの基底部の上方に黄色の線または斑点がある。背びれ棘部の先端は赤黄色。水深100メートル付近の砂泥底にすみ、大形個体ほど深みにいる。雄は雌より比較的大きい。日中に魚、甲殻類、軟体類、多毛類などを積極的に食べる。南シナ海には産卵期が11~2月の群れと5~6月に始まる群れがある。釣り、底引網でほかのイトヨリ類と混獲される。肉は白身で柔らかいが、煮物、焼き物、蒸し物などにするとおいしい。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android