コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャロット shallot

翻訳|shallot

栄養・生化学辞典の解説

シャロット

 [Allium ascalonicum].ユリ目ユリ科ネギ属の多年草で,若葉や鱗茎を食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャロット【shallot】

ユリ科の多年草。起源はあまり明らかでない。インドでのシャロット栽培は古いが,タマネギと混同されての記録が多い。日本へは明治以後導入されたといわれるが,普及はしなかった。近年になりフランスから輸入され市販されるようになった。草丈は20~30cmに伸長し,よく分げつする。葉は細長く,円筒状で濃緑色を呈し,平滑で秋から春にかけてよく茂る。花茎中空で細く円筒状で,淡紫色の花が晩春に開花する。鱗茎はワケギよりやや大きく外皮の色も濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャロット【shallot】

ユリ科の多年草。葉はネギに似て、長さ20センチメートル 内外。鱗茎はラッキョウ形で、薬味にする。葉も食用。日本でエシャロットの名で市販されているものは、ラッキョウを若採りしたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャロット
しゃろっと
chalotフランス語
[学]Allium ascalonicum L.

ユリ科の多年草。タマネギから変化してできたといわれる。ネギに似るがずっと小形で、葉は5ミリメートルほどの中空の円筒状、高さも30センチメートルどまりである。地下茎は肥大して鱗茎(りんけい)となり、数個に分球し、おのおの長さ3センチメートルほどである。表面は茶褐色の薄皮をかぶる。夏に葉が枯れて休眠し、秋から茂り、翌年の初夏に花茎を出し、白い小さなねぎ坊主状の花を開くが種子はできない。古くからヨーロッパで栽培された。鱗茎をすりおろしてフランス料理のソースに入れる。また、香辛野菜としてタマネギのように用いる。若い茎葉も食べられる。日本へは明治以後に渡来したが栽培はまれである。日本でエシャロットと称して市販されているものは、ラッキョウの類である。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャロットの関連キーワードブールコンポーゼアメリカンソースブールギニョンヌルイス ウォレル玉造(茨城県)イタリエンヌボルドレーズエスカルゴラッキョウ玉造[町]ボルドー風西洋野菜エール蓮沼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャロットの関連情報