コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャロット シャロット shallot

翻訳|shallot

5件 の用語解説(シャロットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャロット(shallot)

西洋野菜のエシャロットの英語名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

シャロット

 [Allium ascalonicum].ユリ目ユリ科ネギ属の多年草で,若葉や鱗茎を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャロット【shallot】

ユリ科の多年草。起源はあまり明らかでない。インドでのシャロット栽培は古いが,タマネギと混同されての記録が多い。日本へは明治以後導入されたといわれるが,普及はしなかった。近年になりフランスから輸入され市販されるようになった。草丈は20~30cmに伸長し,よく分げつする。葉は細長く,円筒状で濃緑色を呈し,平滑で秋から春にかけてよく茂る。花茎は中空で細く円筒状で,淡紫色の花が晩春に開花する。鱗茎はワケギよりやや大きく外皮の色も濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シャロット【shallot】

ユリ科の多年草。葉はネギに似て、長さ20センチメートル 内外。鱗茎はラッキョウ形で、薬味にする。葉も食用。日本でエシャロットの名で市販されているものは、ラッキョウを若採りしたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャロット
しゃろっと
chalotフランス語
[学]Allium ascalonicum L.

ユリ科の多年草。タマネギから変化してできたといわれる。ネギに似るがずっと小形で、葉は5ミリメートルほどの中空の円筒状、高さも30センチメートルどまりである。地下茎は肥大して鱗茎(りんけい)となり、数個に分球し、おのおの長さ3センチメートルほどである。表面は茶褐色の薄皮をかぶる。夏に葉が枯れて休眠し、秋から茂り、翌年の初夏に花茎を出し、白い小さなねぎ坊主状の花を開くが種子はできない。古くからヨーロッパで栽培された。鱗茎をすりおろしてフランス料理のソースに入れる。また、香辛野菜としてタマネギのように用いる。若い茎葉も食べられる。日本へは明治以後に渡来したが栽培はまれである。日本でエシャロットと称して市販されているものは、ラッキョウの類である。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャロットの関連キーワード甘菜姥百合笹百合高砂百合稚児百合姫早百合宝鐸草夕菅佐久百合コオニユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャロットの関連情報