シャンティイ(英語表記)〈フランス〉chantilly

デジタル大辞泉の解説

シャンティイ(〈フランス〉chantilly)

泡立てた生クリーム。また、それを用いたソース・料理・菓子などの名に付けたりもする。フランスのシャンティイ城で考案されたことに由来する。「シャンティイソース」
[補説]地名別項。→シャンティイ

シャンティイ【Chantilly】[地名]

フランス中北部、ピカルディ地域圏、オワーズ県の都市。パリの北方約40キロメートルに位置し、ノネット川に面する。コンデ公の居城だったルネサンス様式のシャンティイ城があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シャンティイ【Chantilly】

フランス北部,オアズ県の町。人口1万0208(1982)。パリの北北東42km,同名の森に囲まれている。1528‐32年,指折りの名門貴族モンモランシー元帥が建造した,ルネサンス様式の壮麗な城館により名高い。この城は17世紀に筆頭親王家であったコンデ家の手に移るが,代々のコンデ公は城館の増築,庭園の整備に努めた。大コンデの時代には,モリエール,ラ・フォンテーヌなど多くの文人を集め豪華な宴を催して,さながら君侯の宮廷の趣を呈したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンティイ
しゃんてぃい
Chantilly

フランス北部、イル・ド・フランス地方オアーズ県の住宅・保養都市。人口1万0902(1999)。パリの北42キロメートル、シャンティイの森の北の外れ、ノネット川の河畔に位置する。18世紀にはレース織と陶磁器の産地として知られ、第一次世界大戦中にはフランス軍総司令部が置かれた。町の北東には、かつてコンデ公の居城(1643~1830)であり、みごとな庭園に囲まれたシャンティイ城があり、現在はコンデ美術館(有名な『ベリー公のいとも豪華なる時祷書(じとうしょ)』を所蔵)となっている。町の南西には競馬場があり、6月に行われるレースや調教センターとして知られる。観光の名所でもある。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンティイの関連情報