コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーバン Shaaban bin Robert

3件 の用語解説(シャーバンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

シャーバン【Shaaban bin Robert】

1909~1962) タンザニアの詩人。愛や希望をスワヒリ語でうたいあげた。詩集「言葉の飾り」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャーバン

タンザニアの詩人,作家。スワヒリ語の近代的な散文詩を確立したほか,小説,エッセー,伝記などの作品もあり,スワヒリ語桂冠詩人アフリカシェークスピアとも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャーバン【Shaaban bin Robert】

1909‐62
タンザニアの詩人,作家。全作品をスワヒリ語で発表,古典期スワヒリ詩の伝統をくむ多数の詩編のほか,小説,エッセー,伝記,自伝の分野を開拓,現代スワヒリ文学の創始者となった。ヤオ族の出身であるが,代々スワヒリを名のるイスラム教徒で,作品には信仰,愛,忍耐,努力などイスラム的倫理価値が濃い。ダル・エス・サラームで勉学後,1930年ころから地元新聞に詩を投稿し始め,没年までに詩集または詩とエッセーの雑集14冊,中編小説5冊,伝記1冊,自伝2冊を出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャーバンの関連キーワードEACタンガニーカタンガニーカ湖タンザニアタンザン鉄道マラウイ湖糸杉ザ・ニアネス・オブ・ユーミラディノフラザニエッテ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャーバンの関連情報