コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウィント シュウィント Schwind, Moritz von

2件 の用語解説(シュウィントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウィント
シュウィント
Schwind, Moritz von

[生]1804.1.21. ウィーン
[没]1871.2.8. ミュンヘン
オーストリア生れのドイツの画家,挿絵画家,版画家。ドイツ・ロマン派最後の代表的作家。ウィーンの美術学校でシュノルおよびクラフトに師事。 1828年以後ミュンヘンで活動。初め P.コルネリウスの影響下にあったが,独自の作風を確立してドイツ特有のメルヘンの世界を詩的情調のうちに造形的に表現。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュウィント【Moritz von Schwind】

1804‐71
オーストリアの画家。生地ウィーンとミュンヘンの美術学校で学んだのち,ミュンヘンを本拠に南ドイツ,オーストリアで活躍。ドイツ・ロマン派の流れをくみ,その最後を飾る画家の一人で,ドイツ中世の物語や童話を主題とした装飾画,小品あるいは本の挿絵によって人気を博した。代表作《シンフォニー》(1852)のように,音楽に題材を得た作品も多い。【有川 治男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュウィントの関連キーワードウィーン学派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーンの森ウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンハロウィーンの死体ウィーン春の音楽祭ウィーンフィル舞踏会ウィーンブリッジ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone