コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウィント シュウィントSchwind, Moritz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウィント
Schwind, Moritz von

[生]1804.1.21. ウィーン
[没]1871.2.8. ミュンヘン
オーストリア生れのドイツの画家,挿絵画家,版画家。ドイツ・ロマン派最後の代表的作家。ウィーンの美術学校でシュノルおよびクラフトに師事。 1828年以後ミュンヘンで活動。初め P.コルネリウスの影響下にあったが,独自の作風を確立してドイツ特有のメルヘンの世界を詩的情調のうちに造形的に表現。代表作は『シンフォニー』 (1852,ミュンヘンノイエ・ピナコテーク) 。また雑誌に発表した木版画や童話の木版挿絵はユーモアに満ちた表現で親しまれており,その代表作はシェーラーの『古今童謡集』の挿絵 (48~49) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウィント【Moritz von Schwind】

1804‐71
オーストリアの画家。生地ウィーンとミュンヘンの美術学校で学んだのち,ミュンヘンを本拠に南ドイツ,オーストリアで活躍。ドイツ・ロマン派の流れをくみ,その最後を飾る画家の一人で,ドイツ中世の物語や童話を主題とした装飾画,小品あるいは本の挿絵によって人気を博した。代表作《シンフォニー》(1852)のように,音楽に題材を得た作品も多い。【有川 治男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュウィントの関連キーワードドープシュ挿絵画家トーマ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android